八棟(やつむね)神輿

Category : 神輿
八棟神輿の魅力は何といってもその特異な屋根の形状にあるが、屋根の面白さと同時に胴周りの彫刻なども、通常の神輿とくらべ異彩を放っている。屋根の線を銅板で包むように仕上げてある部分は八棟神輿特有のものである。

江戸川区東瑞江:豊田神社宮神輿 2015年9月撮影
神輿の撮影を始めて最初に出会った八棟神輿は、25年ほど前の豊田神社の宮神輿と記憶している。「変わった屋根の宮神輿もあるものだな」と思いつつも、その後折に触れ八棟神輿に出会ううち、いつしか八棟神輿を探すこともライフワークの神輿撮影の一角を占めるようになってきた。豊田神社の金梨地塗り屋根の気品ある美しい八棟神輿。
IMG_6044.jpg

港区新橋:烏森(からすもり)神社宮神輿 2016年5月撮影
烏森神社は新橋の繁華街のど真ん中に鎮座して、周囲をビルが囲み参道は狭く、神社からの宮出しが出来ないのは残念である。神輿庫は社殿の奥にあり、あの巨大神輿をよく収めることができるものだと常々感心させられる。台輪幅4尺2寸の東京屈指の巨大八棟神輿。都内では5月で最初の大きい神輿渡御になるためか、新橋駅前から担ぎ出しの時には全国から集まった大層な担ぎ手の数で、道路から溢れんばかりの活況を呈する。
IMG_7018.jpg

江東区南砂:富賀岡八幡宮宮神輿 2013年8月撮影
本来は4年に一度の大祭りに渡御されるが、近年は中間年にも渡御している。それだけ地元の方々の神輿にかける思いが強いのであろう。古風な八棟神輿であり屋根に銅板をかぶせた堂々たる大神輿。この神輿の掛け声は江東区特有の「ワッショイ」である。
IMG_5064.jpg

一脚を用いて3.5メートルほどの高さから撮影。
IMG_4976.jpg

渋谷区渋谷:宮益御嶽神社宮神輿 2007年9月撮影
渋谷区道玄坂に鎮座するこの神社は、渋谷の「酉の市」でも有名。毎年9月18日の平日の渡御に際して、大半の担ぎ手は地元氏子企業の社員たちです。定日が土・日の場合はその前後の平日に渡御する。屋根の青銅葺による細工はさすがと言える造りで、小規模ながら均整のとれた美しい八棟宮神輿である。
IMG_9986.jpg

千葉県浦安市:清瀧神社宮神輿 2016年6月撮影
4年に一度の浦安三社祭に登場する。堀江(鎮座地)の宝・白木神輿、文化財級の八棟神輿です。途中の辻々で地擦り、差し上げ、そのまま片手で上に放るという一連の所作を行う特徴ある渡御である。この神社には二基の八棟宮神輿があり、写真は一之宮で、後方の神輿は二の宮である。
IMG_2938.jpg

品川区西品川:貴船神社宮神輿 2002年6月撮影
神社は閑静な住宅街にあり土曜の夜に御霊入れの神事が行われ、その後に神輿の屋根四囲の弓張り提灯に灯を入れ渡御する。城南地区共通の、鼓がついて笛に合わせての「城南担ぎ」で毎年担がれている。
IMG_61531.jpg

羽田神社 (大田区) 7月下旬

Category : 神輿
7月の例大祭に神輿渡御が行われる羽田神社は宮神輿を大中2基有し、通常は中神輿が町内巡行するのだが、今年は久しぶりに大神輿の発興となった。漁師町として栄えた羽田らしく、波に揺れる船を模して4本の縦棒で神輿を左右に振る独特で勇状な「ヨコタ担ぎ」は圧巻。気性の荒い担ぎ手が多いため、周りに気を配れない状況になってしまうことも多々あります。

宮出しする羽田神社の宮神輿。
1DX_90311.jpg

女性の担ぎ手が多いのは城南地区の特徴です。粋でいなせな古典柄紅型文様をかっこよく着こなしておりました。
1DX_96914.jpg

「ヨコタ担ぎ」の披露ですが、500貫の巨大宮神輿のため重すぎて少ししか振れません。
1DX_9828.jpg

宮神輿が終了する15時からは「ヨコタ担ぎ」を披露する14基の町会神輿が空港前を渡御します。
1DX_07026.jpg

個性的な鯉口シャツにダボシャツ、そしてパナマハットというこの地区が持つ独特な雰囲気です。
1DX_02846.jpg

海風になびく大漁旗に見送られながら弁天橋を通過する。右側に見えている鳥居は都市伝説にもなったあの羽田空港の赤鳥居です。
1DX_0945.jpg

モンキチョウの求愛 7月下旬

Category : シロチョウ科
モンキチョウがたくさん舞う土手はすっかりきれいに草刈りされており、少し残念であったが、対岸を見渡すと一面緑の絨毯を確認することがきたので千葉県側に行ってみることにした。
1DX_8024.jpg

いたるところでモンキチョウの求愛が行われており、しばらくレンズを向けてみました。モンキチョウは、雄の求愛活動が活発な種で、特に既交尾雌に対する求愛は激しく、1頭の雌に何頭もの雄が群がる求愛集団を作ることさえあります。
1DX_6388.jpg

最初は2頭だけで始まった求愛行動も、そのうち草地で探雌行動中の雄が参加して、何頭もの連結飛翔となります。
1DX_7966.jpg

1DX_0531.jpg

1DX_7567.jpg

あまりにも可愛らしい瞬間にであったときは思わず何度も同じ被写体、同じ構図で繰り返し撮ってしまいます。
1DX_5869.jpg

動いている時間の一瞬を撮っているのに、想像もしなかった面白い写真が撮れたりもします。
1DX_0663.jpg

モンキチョウの雌には遺伝的に翅が黄色の個体と白色の個体の2型が存在し、普通は白色型が多いのだが、この河川敷では黄色型が多いように思えた。
1DX_4720.jpg

1DX_8791.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

中割八雲神社 (江戸川区) 7月上旬

Category : 神輿
江戸川区には江戸中期から明治初めにかけて造られた素晴らしい神輿が残っています。
その渡御が不定期であるために、滅多にその様子を見られることがないため、浅草や鳥越ほど一般には知られてはいない。
なかでも、中割八雲神社の大神輿はさすがに葛西の総鎮守にふさわしく担ぎ手も多く、堂々とした渡御が行われた。
1DX_752111.jpg

平成元年に東葛西より移転してきた中割天祖神社に渡御のご挨拶。
天祖神社は慶安2年(1649)創建、明治5年に中割天祖神社と改称して区画整理に伴い平成元年に東葛西へ移転し社殿も新築した。
1DX_770111.jpg

多くの友好同好会の担ぎ手たち数百名の応援でも見事に統率がとれた渡御です。
1DX_880311.jpg

途中の辻々で地擦り、差し上げ、そのまま片手で上に放るという一連の所作を行う特徴ある渡御である。環七の交差点で地擦りが始まった。
1DX_863711.jpg

1DX_866611.jpg

1DX_872011.jpg

鳥居脇から砂ぼこりを巻き上げるごとく、すさまじい勢いで宮入をします。
1DX_885311.jpg

1DX_61555.jpg

鳥越祭 6月12日

Category : 神輿
鳥越神社の宮神輿は「一千貫」と称し、都内随一の大きさ・重さを誇っております。一度に担げるのは170人程度だが、常時500人はいないと渡御できません。そして、お祭り自体が喧嘩っ早く、本気で怒鳴りちらし、殴りかかってきます。火事と喧嘩は江戸の華?この祭りの事なのかも知れませんね。

AB1R0628.jpg

RIMG00355.jpg

担ぎ手の集団が二十数 団体あり、持ち時間は約25分。
IMG_8813.jpg

下町の狭い路地を渡御するため、大きな胴体に比べ太く短い担ぎ棒となっております。花棒(神輿の一番前)狙いに怒涛の勢いで四方八方からなだれ込んできます。
IMG_8275.jpg

IMG_5070.jpg

昭和な香りが漂う、というか昭和の香りしか漂わないレトロな建物が続く。
IMG_9334.jpg

迫力ある団体のひとつ、二長町。半纏模様が向かい蝶になっております。
IMG_7192.jpg

夜間、蔵前橋通りで神輿の弓張提灯と高張提灯に火が入ると、祭りは最高潮を迎えます。この宮入道中は、 「鳥越の夜祭り」と言われています。18ケ町睦の提灯に守られて宮入する「鳥越の夜祭り」は迫力満点なのです。
IMG_9581.jpg

IMG_9652.jpg
プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS1DX
EOS7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR