鳩むね鳳凰

Category : 神輿
今年のビッグニュースと言えば、何と言っても港区赤坂と白金に鎮座する氷川神社の本社神輿が、共に半世紀ぶりに担ぎ出されたことです。さらには担がれる江戸神輿としては「日本で一番美しい本社神輿」と形容される、葛飾区に鎮座する文化財級の葛西神社神輿(一之宮)の久々の渡御や日本橋福徳神社の新調神輿初渡御などと、10月まで話題に事欠かない嬉しい一年間でした。
 
葛西神社神輿
台輪寸法4尺、浅草・前田六治郎、天保9年(1838)建造の大神輿で、一文字の軒面に重厚な吹き返しを持つ黒漆塗の延軒屋根に渋い銀色のご神紋、紅色の化粧綱や結び紐がまことに美しい。胴から台輪にかけて施された見事な彫金仕上の金物類も厚く、名品に相応しい一基であります。 

IMG_2076.jpg

葛西神社本社神輿の勇壮な宮出しです。
IMG_2248.jpg

故録神社神輿
普通は屋根の上には「鳳凰」が乗っていますが、故録神社の神輿は珍しい「鳩むね鳳凰」で、この鳳凰が乗ることにより江戸中期に造られた神輿であることが分かります。鳳凰の翼などの羽模様はすばらしく、高いところにあるのでなかなか翼の筋彫りまでは観ることが出来ないと思いますが、各神輿により鳳凰が異なりますので機会がありましたら、ぜひ、ご覧になっていただきたい。
IMG_1301.jpg

二天棒に横棒を台輪側に前後一本ずつ付けた神輿にやや斜めに肩を入れて担ぐ。四方の蕨手に小鳥を乗せないのも鳩むね神輿の特徴であります。このタイプの神輿は江戸中期にかけて建造されたものが多く、その渡御が不定期であるため、一般には知られていない幻の神輿です。
IMG_1794.jpg

平成29年暦 「鳥越祭」 「江戸神輿」
鳥越神社・浅草仲見世・祭礼用品店などで取り扱っております。
RIMG0002_1.jpg

RIMG0030.jpg

ヤマトシジミの低温期型 雌 千葉

Category : シジミチョウ科
ヤマトシジミの美しさを正確に写真で表現しようと思うのですがこれが案外難しいのです。
風に邪魔されピントが抜けてしまったり、構図が雑になったり、そして許容範囲の上限を超える部分は白飛びして真っ白、下限に満たない部分はどうしても真っ黒になってしまいます。 シャッターをたくさん切った割には、静止写真として魅力の伝わるような写真があまり撮れていないという結果になってしまいました。
晩秋に発生するヤマトシジミは低温期型の美しい変異が現れます。表翅の色彩も明るく、青鱗が発達し、見るからにヤマトシジミでありながら、ごく一部の個体に関していえばまったく別種の物語を綴るようになるかもしれません。
当日は otto-Nさん とご一緒させて頂きました。 
写真は全て別個体です。

その名前とは一体どのように定義づけされているのか興味津々。 …なるほどと頷けるばかりのこれぞ「スーパーブルー」でした。
1DX_0861.jpg

こちらの個体は白色味がかる淡い水色で優しい感じが増します。
1DX_6016.jpg

後翅外縁に柔らかな青鱗が入った実に美しい個体です。 仮に細い尾状突起があれば、春型のツバメシジミをすぐに連想してしまいます。
1DX_6378.jpg

飛翔するイメージは雄とよく似ており、雌であることに気が付かないまま見過ごしてしまうケースも多いのではないかと思います。 アサマシジミの雄に見られるようなやや地味な色合いに、しばらく見惚れてしまいました。
1DX_6559.jpg

このあたりが一番よく見かける青鱗ののった個体かもしれません。
1DX_6694.jpg

真上から撮影しますと別種のような錯覚に陥りますね。
1DX_6318.jpg

夏場によく見られる暗化型ですが、晩秋に発生する個体はうっすらと青鱗がのります。
1DX_9001.jpg

どこからどう見ても、 そして何度見ても、やっぱり雄にしか見えないのですが、実はこの個体、れっきとした雌なのです。 滅多にお目にかかる事ができない希少な「ウルトラブルー」と呼ばれる個体です。
1DX_1323.jpg
同じ種でこれ程までに変異が大きいとは知りませんでした。 改めてヤマトシジミの奥深さや撮影技術の難しさを実感することが出来たと思います。
otto-Nさん、撮影しながら談笑、とても楽しかったですね! ありがとうございました。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ツマグロキチョウとカワラノギク 栃木 10月下旬

Category : シロチョウ科
季節が変化するとともに、ここは何故だかもう一度訪れたくなる場所なのです。でも、その目的になる何を撮るかが見つからなかったのですが、9月にツマグロキチョウを撮影中、印象深い紫色をした花が心の奥底に僅かな記憶として無意識に心に残っていたような…それでつい先日、本当にふっと思い立って所用と撮影を兼ねてもう一度行ってみました。

普段なら見過ごしてしまいそうな風景が目に留まり、河原に咲くカワラノギクが鮮やかに見えます。しかし、最盛期は既に終わっていて、河原の栄養分が乏しいのか地面は乾燥しており枯れ始めたものが殆どだったが、中にはまだ薄紫色した花がほんの少しあった。周囲の植物が生い茂るとなかなか生育できなくなり、長く咲き続けることが難しい花だそうです。
1DX_4104.jpg

先程までは何もいなかった河原へ、気温の上昇に伴いやっとキタキチョウが飛び始めました。
1DX_2275.jpg

キタキチョウの黄色が、どことなく寂しそうな周りの景色と共により一層秋を感じさせてくれる。
1DX_3360.jpg

枯れて色褪せて今にも花弁が落ちそうな状態だったが、モンキチョウの雌がやってきてくれた。
IMG_3482.jpg

しばらくセンダングサを掻き分けながら河原を探索すると、明らかにキタキチョウとは異なる飛び方。やっと石積みに留まってくれた。
1DX_1616.jpg

1DX_3136.jpg

なんとか吸蜜中の個体を見つけたのだが、残念なことに花はしおれかけていた。
1DX_1587.jpg

枯草の奥に咲いていた花で吸蜜。1DX_5718.jpg

1DX_1545.jpg

草藪の樹蔭にはいくつもの個体が留まっていました。
1DX_3983.jpg

撤収間際に羽化失敗の個体を見つけ近くの花に移動させたところ、早速ストローを伸ばして吸蜜し始めた。よほど空腹だったのだろう。頑張ってなんとか越年してもらいたいですね。
IMG_3729.jpg
今回は美しい薄紫色の花が撮れませんでしたので、来年は開花適期に行ってみようかと思います。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

サツマシジミを求めて 南紀 10月中旬 その2

Category : シジミチョウ科
海岸沿いで会った何人かの採集者によると、昨年は大豊作、今年度は台風の襲来や大雨が相次いだこと等、 天候不順による影響で不作とのこと。確かにサツマシジミの個体数はそれほど多くはなく時々飛び出す程度であったが、撮影に関して言えば十分すぎるくらいだ。午前中はどうしても太陽光の乱反射による強い日差しがまともに入ってしまいその大半が白飛びして写っていた。午後になって時々薄雲が通過していたので薄雲が多くなった頃を見計らって撮影を開始です。

チラッと見え隠れする淡いブルーに白班紋、それが透過する、本当に美しいシジミチョウです。
1DX_8586.jpg

飛び交う姿は比較的素早い感じでもありましたが、セイタカには全く留まることなく好物のセンダングサを見つけると花の周りを緩やかに飛び回る習性があるみたいです。気に入った花にはすぐに留まりますが、お好みでないといつまでも行ったり来たりします。神経質なところがあるのかもしれませんね。
1DX_8097.jpg

正面姿を意識して狙いましたが、表翅独特の白班が見えませんと写真的には普通のルリシジミです。
1DX_7265.jpg

晴天時の強い光とは異なり、 曇天時は柔らかく回る光のため、しっとりとした美しい色を引き出せる感じですね。
1DX_8025.jpg

午前中は 散々撮影を邪魔されましたが…何だろう…えっ?って感じ、天候にもよるのでしょうか?この時間帯(3時過ぎ)は不思議とヤマトのおとなしいこと!
慣れてくると飛翔中でも他種との見極めは比較的簡単で、全てのブルーがサツマに観えてしまうこともなくなりました。
1DX_8067.jpg

ヤクルリもサツマ同様に午後になると就寝前の栄養の補給をするのか、センダングサの周りを緩やかに飛び始めました。気に入った花の前では盛んにホバを繰り返します。
1DX_2301.jpg

破損した雄にちょっかいを出しております。こんな姿は観ているだけでも楽しいものですね。
1DX_1271.jpg

個体数が十分多いため鮮度の良さそうな個体を撮影してみました。
1DX_2386.jpg

1DX_7839.jpg

1DX_7826.jpg

1DX_7485.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

サツマシジミを求めて 南紀 10月中旬 その1

Category : シジミチョウ科
長い間憧れにしていたサツマシジミにこの度やっと逢いに行ってきました。このシジミチョウの淡いブルーは憧れでもあるしどうしても観てみたかったのです。とは言っても未見でもあるこの蝶の習性等は全く分かりません。そこで、サツマシジミの撮影経験のある ごまさん Akakokkoさん にお願いし嬉しい情報を提供して頂きました。

東京を始発で出発して途中何本かの在来線を乗り継ぎ、現地に到着した時はすでにお昼過ぎでした。こんなにも長時間列車に揺られ大移動したのは初めての事であった。
1DX_3108.jpg

早速宿に荷物を預け近くをブラブラ探索してみることにしました。散発的に飛び出す小さなブルーすべてがサツマシジミにどうしてもダブって観えてしまう。海岸沿いの道をどんどん進んで行くと、センダングサや白い花のイタドリの様なものが群生している所があり、そこにはたくさんのウラナミシジミとヤマトシジミが乱舞していました。
IMG_2219.jpg

中にはこんなヘンテコな個体もいました。
IMG_18777.jpg

センダングサの中で白くひときわ大きく目立つシジミチョウを発見した。憧れの蝶を目の前に緊張が高まり、心臓の鼓動が早くなっていくのが自分でも良くわかった。しかし、一旦飛び立つと周りにいるシジミたちに散々追いかけ回され結局見失ってしまうことが度々、なんてこったい…。
IMG_2242.jpg

種子をズボンから靴下まで ビッシリ付けてさらに進むと、いたいた、今度は開翅中であった。とにかく早めのうちに証拠写真を。数回シャッターを切った後やはり追いかけ回されてしまった。
1DX_9932.jpg

IMG_1845.jpg

1DX_8616.jpg

今回の目的のもうひとつがヤクシマルリシジミの撮影でした。ルリシジミと違い表面は濃い瑠璃色、裏面も何とも言えない美しさがあります。小刻みに素早く飛翔をするため見失ってしまうことが多くあります。小さくても美しさは一級品です。
IMG_2258.jpg

羽化直の雌が吸蜜中。
IMG_2416.jpg

数年前の撮影では焦点距離が合わずイライラすることも多かったのですが、今回は個体数が多いのでじっくりといろんな角度から写真を撮ることができました。IMG_2313.jpg

IMG_2340.jpg

サツマシジミを撮影した地点から遠くない所にソテツが植栽されていることを思い出したので、観に行ってきました。やはりセンダングサには非常にたくさんの個体が吸蜜に来ていました。不思議なことにここでは意外にもウラナミとヤマトが少なかったことです。
IMG_1889.jpg

宿の目の前にあるセイタカアワダチソウには南国に相応しいイシガケチョウが夕陽を浴び何頭もの個体が滑空を繰り返していた。この蝶を見かけるのは久しぶりでしたのでカメラだけを持参し少し撮影することにしました。
1DX_3348.jpg

IMG_2142.jpg
残念ながら今回はサツマシジミの雌を撮影することが出来ませんでした。この課題は来年に持ち越しとなりましたが、これでまたひとつ楽しみが増えた感じです。

ごまさん Akakokkoさん、お陰様で今年のテーマでもあった、サツマシジミをやっと撮影することが出来ました。
色々お世話になりありがとうございました。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR