ツマキチョウの求愛 4月中旬

Category : シロチョウ科
今年もツマキチョウの求愛季節がやってまいりました。
ぽかぽか春の陽気に合わせた地元の楽しみといえば、やっぱりツマキチョウでしょう。
今年は例年になく個体数も多く、あちらこちらで求愛行動が繰り広げられていました。

ここは住宅地および畑の一角にある生息地です。
1DX_8426.jpg

1DX_0730.jpg

この黄色い花、菜の花に似ているけど、実は芥子菜なんです。ここは菜の花も多く自生しておりますが、産卵に関しては芥子菜の方が好みのようですね。
1DX_4037.jpg

緩やかな斜面を行ったり来たり。未交尾の雌かどうか分かりませんが、風に乗って比較的長くゆらゆら揺れていた。残念ながら水路側へ飛び去ってしまい交尾を確認することが出来ませんでした。
1DX_1862.jpg

茎の込み入ったところに翅をひっかけながらも求愛し続ける。
1DX_7803.jpg

偶然にもこの様なカメラ目線の写真が撮れたら嬉しいです。
1DX_1524.jpg

こんな姿、眺めているだけでも楽しいですね。
1DX_4566.jpg

雄の突進に気づけば交尾済み雌は雄をかわします。中央上部の小さな白色が雄。
1DX_5865.jpg

雄は求愛のために雌が自分の元にやって来たと勘違いを起こして近づき、求愛の意思が全くない雌を追いかけ回すこともあります。
1DX_7120.jpg

1DX_8178.jpg

体をすり寄せ合い求愛する。
1DX_8250.jpg

違った視点からの眺めもなかなか面白いです。
1DX_1491.jpg

向ってくる瞬間を近距離で狙ってみたものの、スクリーン端からフレームアウト寸前の大失敗。何時もと違った感じで撮れたので載せてみました。
1DX_5711.jpg

お天気がよくて明るかったおかげで、思ったより撮りやすかったです。ちょっと大きく100マクロで。
1DX_4476.jpg

斜面の草地に踏み込むと交尾ペアが飛び立ち、風に流されフェンスを越えるその前で何とか撮影することができました。1DX_1847.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ミヤマセセリ・コツバメ 3月中旬

Category : 新生蝶
蝶も日増しにその種類も個体数も多くなってきましたので、今日は早春の蝶を探しに里山を歩いてみることにしました。
寒くもなく、暑くもなく、さわやかな風が吹く雑木林の中を歩くのは、本当に気持ちが良いものです。
気温はどんどん上昇し、18℃まで上がった。

今年も...いたいた!...独特な色合い、遠目にもそれとすぐにわかる。日差しが降り注ぐ林床に敷き詰められた枯れ葉の絨毯、そして軽快に飛ぶ小柄な姿。待ちに待った嬉しい瞬間でもあります。
1DX_4333.jpg

探雌行動に疲れ果ててしばしの小休止。
1DX_3852.jpg

早春の草地を地上低くスキップするように飛ぶ姿は全身で春の訪れを楽しんでいるかのようですね。
1DX_2563.jpg

1DX_4340.jpg

きれいな雌も出てきてくれました。
IMG_4077.jpg

期待していたコツバメも見つけることができました。 低いところに止まる個体、毎年低い場所でテリ張りします。
1DX_2413.jpg

こちらは尾根筋のポイント。目にも留まらぬ速さで、大きく円を描くように飛翔して、また元のところに戻ってくる。複数個体を確認出来て、とりあえずこちらも一安心です。
1DX_3314.jpg

1DX_4039.jpg

1DX_3378.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ベニシジミの占有行動 3月中旬

Category : シジミチョウ科
河川敷では菜の花が今真っ盛り。目に鮮やかな黄色の花が春の到来を実感させてくれます。 咲き乱れる中を白いモンシロチョウが舞う姿を見ると、どこかほのぼのとした気持ちになりますね。
1DX_0352.jpg

これは、モンキチョウ。これも黄色ですね。
1DX_8617.jpg

今日の目的はベニシジミの占有行動を観察することだったので、10分も経たないうちに早々に見切りをつけてお馴染の東京側河川敷へ移動することにしました。
数年前の水害でこの地区は甚大な被害に遭い足が遠のいておりましたが、 嬉しいことに、今年は食草のスイバやギシギシも多くそれなりには発生して吸蜜、テリ張り、卍ともえ飛翔といろいろと見せてもらえました。

スイバの先端で占有行動中らしく、 飛び立ってもすぐに戻ってきます。落ち着かない様子でクルクルと向きを変えます。
IMG_4181.jpg

このあたりは数十ほどの群落のかたまりがまばらに生えています。スイバの群落で卍ともえがあちこちで始まった。
1DX_4598.jpg

激しく翅をぶつけ合う雄同士のバトルは壮絶なものがあります。
1DX_4474.jpg

侵入者を追い払うために飛び立つ瞬間。自分の縄張りに入った他の個体を追いかける習性を持つため、吸蜜時においても周りの状況を常に把握しているのでしょうね。
1DX_5455.jpg

1DX_5638.jpg

午前中活発に占有行動や追尾行動をしますが、気温が上がる昼頃には活動が鈍るみたいです。
1DX_5533.jpg

食草が生えている場所であればたいていどこでもお目にかかることが出来るシジミチョウなのですが、しかし、いざ占有行動をする個体を探すとなると、これが結構難しいです。
1DX_4419.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

新生シジミチョウ 千葉 3月上旬

Category : シジミチョウ科
新生モンキチョウを撮影してから一週間ほどが経過しました。
3月に入り、寒い日と暖かい日のジグザグ天気が続いておりますが、暖かい日というのは、やはりほっとしますね。
今日は風がなければ日差しが暖かかったですが、風が強い時間帯もあり少し寒く感じました。

昨日の降雨により濡れた斜面を方向転換するブルー。 この時期に発生とはちょっと驚きです。
1DX_8619.jpg

一面に菜の花が咲き輝き、近くでよく見るとベニシジミやアブがたくさん吸蜜に来ていました。
1DX_5038.jpg

ベニシジミを見掛ると本当に春到来って感じがしますね。
1DX_7380.jpg

交尾ペアも見かけました。
1DX_4972.jpg

茂る葉の下で這いつくばって咲くヒメオドリコソウは、無理な姿勢で描かなくてはならないことも多いので難しい部分もありますね。
1DX_5752.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

新生モンキチョウ

Category : シロチョウ科
春一番なのか二番なのか生暖かい南風が吹きすさび、やっと春になったかと思ったら、今度は寒気が来るたびに気温が10数度下がって冬に逆戻りです。
毎年思うのですが2月後半にさしかかった今寒暖の差が激しいような気がします。
それでもこの2月25日は久しぶりの快晴無風、気温は若干低いもののそれ程寒くはない。
これならたぶん...恐らく....いや絶対! 大丈夫だろうと思い再三のチャレンジです。
1DX_5663.jpg

河川敷に到着すると早速、 麗らかな春の日差しを浴びながら枯草の上を飛び回る元気な個体を見つけた。
初見、本当に嬉しい瞬間です。
しかしながらこの場所はもともと出現数が少なく、やはり気温が低いせいなのか、その後続かずでした。
河川が大きく蛇行しているところにおいては、日差しの強さや日光の当たり具合が大きく異なり、先ほどまで沢山舞っていた個体がパタッといなくなってしまったということは良くあります。
1DX_0185.jpg

その後、日当たりの良い南西向き斜面を分け入ると、足元から何頭もの個体が急に飛び出しては日光浴を始めます。先日は1頭も見かけなかった斜面なのですが、ここ数日で一気に加速した感じですね。
1DX_3429.jpg

この体制のまま30分程、雄の求愛にも負けず微動だにしませんでした。
1DX_5945.jpg

オオイヌノフグリの小さな青色は、黄色を感じるものが良く似合いますね。
1DX_6035.jpg

1DX_9271.jpg

まだまだ肌に感じる風は冷たいですが、もうすぐ本格的な春到来! 嬉しくなってしまいます。
1DX_3851.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR