スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千貫神輿

Category : 神輿
梅雨が本格化する前の6月の土日の連日、蔵前橋通り一帯で祭りを愛する粋でいなせな人たちの一年をかけた熱い思いが鳥越祭を盛り上げます。
IMG_5333.jpg

関係者以外は境内に立ち入ることは出来ないが、勇壮な町内渡御とは全く異なる厳かな雰囲気の中、睦連(役員)の方が揃いの着物に鉢巻をしてしずしずと宮出しが行われる。
IMG_5396.jpg

千貫神輿といわれる大型の神輿は都内にいくつかあるが、この鳥越の本社神輿は中でもとりわけ大きく美しい江戸神輿のひとつであり、最近では担ぐ役にありつくのも難しいほどの人気である。
IMG_5613.jpg
宮元

神輿の華、二天花棒を担ごうと狙いを定めた奪い合いは、トラブルに発展するケースが非常に多いのです。 一団体350人以上、実際は待機要員を含む約200人ほどで担ぐのだが、いざ本番になるとルール的なものはなくなってしまう。上空からの近接撮影も命がけだ。
IMG_8514.jpg
二長町

IMG_9506.jpg
三筋北

IMG_7727.jpg
小島二西

IMG_9707.jpg
三桂

この祭りのハイライトは何といっても日曜日の7時頃から、神社前の蔵前橋通りを全面通行止めにして始まる、火を灯された神輿の宮入である。別名を鳥越の夜祭とも言う。毎回多くの担ぎ手と見物人が殺到して…大騒ぎになるため、数百人の機動隊が出動して道路の面側を固めるという実にものものしい警戒態勢の中で行われる。
IMG_9906.jpg

IMG_9913.jpg

鳥居の前で睦連に引き継がれ境内に。時刻にして9時半過ぎ。
IMG_9928.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

見た瞬間「懐かしい~」と、相方と思わず声がでました。

命がけとあり、上空からの撮影は迫力あるものですね!
ずっしり重そうな神輿、短い花棒に群がる担ぎ手。
半被も色とりどり綺麗。
ものすごい活気がみなぎってる感じ。
神輿の後方に赤い傘・馬に乗った住職。
去年を思い出します。

宮入の火が灯された神輿はすばらしいなぁ。
提灯が掲げられて、タイムスリップしたみたい。
素晴らしい写真ばかりでした。、

天せいろさん
コメントありがとうございます。
一脚4段、連日、しんどい…ですぞぉ…(>_<)
町会は二十三ヶ町、半纏の色合いは様々ですね。
これだけ大きい神輿の担ぎ棒を本当は前後2メートル、左右1メートル伸ばすのが本来の長さなんですが、それだけ長くしますと6m道路においては渡御できないそうです。
担ぎ棒を短くして、肩入れ人数が大体100名、越えても150名が限界…御本社に殺到する担ぎ手の熱気は鳥越の風物詩と言えるでしょうね!
夕刻、神輿の弓張提灯と町会の高張 提灯に火が入ると、祭りは最高潮を迎えます。
来年は是非夜祭いらしてください。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。