スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河川敷散歩 3月3日

Category : シロチョウ科
寒暖の差が激しい今日この頃、まだ寒さも残りますが爽やかな風に春の訪れを感じますね。

自転車で土手を走行中に求愛行動するモンキチョウが上昇気流に乗って旋回しているのを見つけた。
上昇気流に乗って旋回しながらどんどん上にあがっていき、ある瞬間、いきなり急降下するような感じでスーッと流れていくような典型的なパターンが見られますが、これが、また何ともいえない魅力です。
1DX_4139.jpg

ポイントに到着すると、探雌行動するモンキチョウが目にもとまらぬスピードで行ったり来たり。
どうしてもカメラを構えられる位置やアングルなどに現実的な制限が出てしまって、そのスピードの速さにはなかなかついていけない。
通過時間が迫ってきたら連写を始めるという「待ち伏せ作戦」の方がかえって効率がよかったりもします。
1DX_1651.jpg

しばらくして雌が現れすんなりと交尾が成立。
1DX_2031.jpg

枯れ草ではあまり絵にならないので、手乗り移動。できるだけ絞り開放付近で撮ることを試みた。
1DX_2505.jpg

ベニシジミ 雄同士が卍飛翔しているのが目に入ったので、急いで斜面下に降りてみた。
ここはゴルフ場のティーグラウンドから近い為、ゴルフボールが飛んでくることもありますが、写真撮りに夢中になりすぎず、緊張感を持って周りをアンテナを張り巡らせて撮影すれば、全く問題ないです。
1DX_2780.jpg

モンシロチョウも飛び回る姿を見かけるようになりました。
1DX_0519.jpg


河川敷散歩 3月4日

ここ数日気温が高い日が続き、最低気温も10℃を超えていました。
今日も明け方は10.7℃、日中も20.3℃と暖かい日になりました。
しかしとても風が強く蝶が飛べる状況ではなかった。
日当たりのよい風当たりの少ない斜面に移動するとモンキチョウとキタテハが飛んでいた。
今日はこの二枚だけ。
1DX_2702.jpg

傾斜面を颯爽と駆け巡る姿はすがすがしいものがあります。
1DX_2588.jpg

せっかくなのでもう一枚…2015年3月
IMG_986888.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

新生蝶 2月15日

Category : シロチョウ科
今日は良いお天気だった。
朝から晴れ渡りお昼前には暖かい日差しに覆われ散策するにはぴったり。
そこでこの暖かさに誘われて、そろそろモンキチョウが飛び始める頃かと思い江戸川の河川敷まで行ってみることにした。
残念ながら昨年観察した一部の区域では河川敷の修復工事が進められており、関係者以外立ち入り禁止と書かれている場所もあった。

しばらく周りを見渡すもお目当てである黄色の姿は全くなく、まだ早いかな?と思いながらも枯野に一歩分け入ると鮮やかな嬉しい発見がありました。
1DX_3417.jpg

広い枯れ野を草丈すれすれに低空飛翔するモンキチョウ。
1DX_0890.jpg

冬から早春に移り変わる季節、ちょっと嬉しく感じた瞬間でもありました。
1DX_0959.jpg

この日は2頭の雄、1頭の雌を確認することが出来ました。
1DX_9793.jpg

菜の花が場所によりわずかに咲き始めており、一応、念のためにと思って近寄ってみると、やっぱりいました!
1DX_5998.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ツマキチョウの求愛 4月中旬

Category : シロチョウ科
今年もツマキチョウの求愛季節がやってまいりました。
ぽかぽか春の陽気に合わせた地元の楽しみといえば、やっぱりツマキチョウでしょう。
今年は例年になく個体数も多く、あちらこちらで求愛行動が繰り広げられていました。

ここは住宅地および畑の一角にある生息地です。
1DX_8426.jpg

1DX_0730.jpg

この黄色い花、菜の花に似ているけど、実は芥子菜なんです。ここは菜の花も多く自生しておりますが、産卵に関しては芥子菜の方が好みのようですね。
1DX_4037.jpg

緩やかな斜面を行ったり来たり。未交尾の雌かどうか分かりませんが、風に乗って比較的長くゆらゆら揺れていた。残念ながら水路側へ飛び去ってしまい交尾を確認することが出来ませんでした。
1DX_1862.jpg

茎の込み入ったところに翅をひっかけながらも求愛し続ける。
1DX_7803.jpg

偶然にもこの様なカメラ目線の写真が撮れたら嬉しいです。
1DX_1524.jpg

こんな姿、眺めているだけでも楽しいですね。
1DX_4566.jpg

雄の突進に気づけば交尾済み雌は雄をかわします。中央上部の小さな白色が雄。
1DX_5865.jpg

雄は求愛のために雌が自分の元にやって来たと勘違いを起こして近づき、求愛の意思が全くない雌を追いかけ回すこともあります。
1DX_7120.jpg

1DX_8178.jpg

体をすり寄せ合い求愛する。
1DX_8250.jpg

違った視点からの眺めもなかなか面白いです。
1DX_1491.jpg

向ってくる瞬間を近距離で狙ってみたものの、スクリーン端からフレームアウト寸前の大失敗。何時もと違った感じで撮れたので載せてみました。
1DX_5711.jpg

お天気がよくて明るかったおかげで、思ったより撮りやすかったです。ちょっと大きく100マクロで。
1DX_4476.jpg

斜面の草地に踏み込むと交尾ペアが飛び立ち、風に流されフェンスを越えるその前で何とか撮影することができました。1DX_1847.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

新生モンキチョウ

Category : シロチョウ科
春一番なのか二番なのか生暖かい南風が吹きすさび、やっと春になったかと思ったら、今度は寒気が来るたびに気温が10数度下がって冬に逆戻りです。
毎年思うのですが2月後半にさしかかった今寒暖の差が激しいような気がします。
それでもこの2月25日は久しぶりの快晴無風、気温は若干低いもののそれ程寒くはない。
これならたぶん...恐らく....いや絶対! 大丈夫だろうと思い再三のチャレンジです。
1DX_5663.jpg

河川敷に到着すると早速、 麗らかな春の日差しを浴びながら枯草の上を飛び回る元気な個体を見つけた。
初見、本当に嬉しい瞬間です。
しかしながらこの場所はもともと出現数が少なく、やはり気温が低いせいなのか、その後続かずでした。
河川が大きく蛇行しているところにおいては、日差しの強さや日光の当たり具合が大きく異なり、先ほどまで沢山舞っていた個体がパタッといなくなってしまったということは良くあります。
1DX_0185.jpg

その後、日当たりの良い南西向き斜面を分け入ると、足元から何頭もの個体が急に飛び出しては日光浴を始めます。先日は1頭も見かけなかった斜面なのですが、ここ数日で一気に加速した感じですね。
1DX_3429.jpg

この体制のまま30分程、雄の求愛にも負けず微動だにしませんでした。
1DX_5945.jpg

オオイヌノフグリの小さな青色は、黄色を感じるものが良く似合いますね。
1DX_6035.jpg

1DX_9271.jpg

まだまだ肌に感じる風は冷たいですが、もうすぐ本格的な春到来! 嬉しくなってしまいます。
1DX_3851.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ツマグロキチョウとカワラノギク 栃木 10月下旬

Category : シロチョウ科
季節が変化するとともに、ここは何故だかもう一度訪れたくなる場所なのです。でも、その目的になる何を撮るかが見つからなかったのですが、9月にツマグロキチョウを撮影中、印象深い紫色をした花が心の奥底に僅かな記憶として無意識に心に残っていたような…それでつい先日、本当にふっと思い立って所用と撮影を兼ねてもう一度行ってみました。

普段なら見過ごしてしまいそうな風景が目に留まり、河原に咲くカワラノギクが鮮やかに見えます。しかし、最盛期は既に終わっていて、河原の栄養分が乏しいのか地面は乾燥しており枯れ始めたものが殆どだったが、中にはまだ薄紫色した花がほんの少しあった。周囲の植物が生い茂るとなかなか生育できなくなり、長く咲き続けることが難しい花だそうです。
1DX_4104.jpg

先程までは何もいなかった河原へ、気温の上昇に伴いやっとキタキチョウが飛び始めました。
1DX_2275.jpg

キタキチョウの黄色が、どことなく寂しそうな周りの景色と共により一層秋を感じさせてくれる。
1DX_3360.jpg

枯れて色褪せて今にも花弁が落ちそうな状態だったが、モンキチョウの雌がやってきてくれた。
IMG_3482.jpg

しばらくセンダングサを掻き分けながら河原を探索すると、明らかにキタキチョウとは異なる飛び方。やっと石積みに留まってくれた。
1DX_1616.jpg

1DX_3136.jpg

なんとか吸蜜中の個体を見つけたのだが、残念なことに花はしおれかけていた。
1DX_1587.jpg

枯草の奥に咲いていた花で吸蜜。1DX_5718.jpg

1DX_1545.jpg

草藪の樹蔭にはいくつもの個体が留まっていました。
1DX_3983.jpg

撤収間際に羽化失敗の個体を見つけ近くの花に移動させたところ、早速ストローを伸ばして吸蜜し始めた。よほど空腹だったのだろう。頑張ってなんとか越年してもらいたいですね。
IMG_3729.jpg
今回は美しい薄紫色の花が撮れませんでしたので、来年は開花適期に行ってみようかと思います。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カウンター
カウンター カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。