神奈川 アオバセセリなど 4月下旬

Category : セセリチョウ科
アオバセセリの吸蜜源になっているヒメウツギが、今年は自宅近くで予想よりもずいぶん早く咲き始めましたので、今日あたりから満開に咲いているだろうと思い、期待を込めて神奈川へ出かけてみました。ポイントに到着して周りを見渡すと、ヒメウツギは少々花が少ない様に感じますが満開です。昨年同様に第一便は7時前から飛び始め、10時頃までヒメウツギにやって来ました。その後、昼までにゼロ、午後に期待したものの全く現れませんでした。気温が高く夏日ということが影響したみたいですね。

AB1R0056.jpg

ヒメウツギを激しく羽ばたきながらせわなく移動するため、撮影するのは少々大変でしたが、比較的吸蜜時間が長く数秒あるので、撮影できる場所に来てくれればワンチャンスでも何とかなりました。ピーク時には3頭同時に現れることもしばしばです。
AB1R0305.jpg

↑アッという間に繁みの中へ飛び去ってしまいました。
AB1R0314.jpg

撮影するにはかえって花の少ない状況のほうが、分散することがなく良いのかもしれませんね。
AB1R9736.jpg

AB1R9648.jpg

AB1R9439.jpg

AB1R9821.jpg

吸水に訪れた美しいカラスアゲハ。見る角度、光の当たり具合でも微妙に色が違ったりします。
AB1R6957.jpg
季節の進行が早く、どうなる事かと思いましたが、今年も無事にアオバセセリの美しい姿が見られほっとしました。

現地では、多くの方にお会いしました。
皆様ありがとうございます。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ギンイチモンジセセリなど 4月中旬

Category : セセリチョウ科
春型のギンイチモンジセセリは、裏面の”銀一文字”がくっきりと現れて美しいセセリチョウです。昨年よりも若干早めに(16日)多摩川の河川敷へ出かけてみました。昨年は炎天下の中を3日間通い詰めましたが、今年は半日あれば十分でした。

到着して間もなく枯れ野を小刻みに翅を震わせながら弱々しく飛ぶギンイチモンジセセリを発見した。気温が低いせいか直ぐに日光浴を始めます。発生初期の様子で、大半が鮮度の良い個体だ。
IMG_5850.jpg

このセセリチョウを撮影しているとよく質問されることがあります。「これ、蛾ですか・・・」と。確かに蝶に関心ない方が観ると、 飛び方ひとつをとってみても、蛾に間違えられやすいでしょうね。
AB1R4016.jpg

IMG_5684.jpg

AB1R2948.jpg

その鮮やかなる色彩美は、まさに魔法 のような美しさ、といえると思う。

IMG_5645.jpg

AB1R2886.jpg

枯れ野を離れしばらく緑地で探雌行動する個体も多く見られました。草花が咲いていれば吸蜜するのだ

ろうが、今回は撮影できませんでした。
AB1R4035.jpg

もう一つのお楽しみはこの河川敷でギンイチモンジセセリと一緒に観察できるミヤマチャバネセセリです。どこでも個体数は減少しているそうですが、多摩川の河川敷では比較的多く見られます。枯れたス

ゲやヨシが横たわる斜面にテリを張っていることが多く、1頭飛び立つとスクランブル発進を繰り返します。
IMG_5720.jpg

AB1R4948.jpg

枯草をガサガサと歩くとその存在がわかるものの、飛び出さなければなかなか見つけることが出来ません。枯草に完璧にとけ込んでしまうレベルの擬態です。

IMG_5760.jpg

特徴でもある後翅裏面の中央にある大きな白斑紋は魅力的ですね。
IMG_5860.jpg

AB1R5474.jpg

絡んだ瞬間、あっという間に交尾が成立 した。
IMG_6008.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

アオバセセリ 4月下旬

Category : セセリチョウ科
近隣の公園ではヒメウツギがそろそろ咲き始めた頃なので、毎年恒例となったアオバセセリの舞いが見られる丘陵に出かけてみました。昨年は個体数が少なかったのか、残念ながらアオバセセリを見ることが出来ませんでした。

ヒメウツギは満開ではないものの、8分咲きくらいかな…あとは主役の出番待ちとなった。
AB1R6973.jpg

8時前に第一便がやってきた。

AB1R7492.jpg

傾斜面で足場が悪く薄暗い、アングルの余裕もなく補正中に即飛び去ってしまう。
AB1R7105.jpg

AB1R7692.jpg

滅多に入りませんが、両翅を捉えた時は嬉しかったです。
AB1R6897.jpg

AB1R7664.jpg

AB1R7722.jpg

午後の便は3時過ぎから始まり、一人のためヒメウツギの見回りが大変でした。
AB1R7244.jpg

AB1R7333.jpg

AB1R7125.jpg

少しブレてしまったが、後姿も可愛らしいですね。
AB1R7305.jpg

贅沢過ぎるほど撮影チャンスはあるのだが、蝶は落ち着かず、傾斜を行ったり来たり。画像を確認するとこの日は雄が多かった感じです。
AB1R7130.jpg
EOS1DX EF70-300mm F4-5.6L lS USM


月替わりの初日、再度


今年は撮影チャンスが多いので、アオバセセリ本来の美しいメタリックブルーが撮れればと思い、数日後また出かけてみました。第一便は7時前に現れ、早朝の吸蜜には愕かされました。待機時間が短く幸先が良いのだが、相変わらず繰り込んでしまうため、花被りも多く納得する写真が撮れません。
AB1R8029.jpg

至近距離に巨大な雌がやってきた。しかし撮影はほんの数秒、その後飛び去ってしまった。
AB1R8053.jpg

AB1R7892.jpg

午後の便は2時から始まり、3時半の蛙合唱時がピークでした。撤収間際に最終便の飛来があり、次回撮れる保証もないので結局4時半までお付き合いさせられました。
AB1R8794.jpg

昨年、撮れなかっただけに、今年の再会は嬉しかったです、そして来年も楽しみ。
AB1R8757.jpg

期間中、撮影をご一緒させて頂いたBANYANさんAkakokkoさんotto-Nさん、品川のTさん、杉並のMさん、保全協会の男女お二人さん、そして大師匠でもある横浜のkさん、楽しいひと時をありがとうございました。  

EOS1DX EF70-300mm F4-5.6L lS USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ギンイチモンジセセリ 4月下旬

Category : セセリチョウ科
いつもは地元江戸川の河川敷を起点に撮影をしているのだが、多摩川では今回初めてだ。ここは吸蜜源となる草花が豊富にあり、何よりも葦丈の低い河原のため撮影し易い。サイズ的に手頃だし、色調が特異なことからどこを飛翔してもその全てが画になる蝶ですね。 

今年は縦位置がテーマだけに節に静止する姿が撮れたら良いなと思った。

IMG_4831.jpg

毎年同じような写真を撮っているが、大好きな蝶って絶対に飽きることはないですね。
AB1R2437.jpg

AB1R9550.jpg

葦原野をゆっくり縫うように飛び回るのだが、いったん葦を抜けると身の危険を察するのであろうか突然敏捷になる。

AB1R3718.jpg

同性と判断すると分裂も早い。
AB1R4296.jpg

地味で飾り気のない色調ではあるが、鮮度の良い個体であれば輪郭のシルバーも引き立ちます。
AB1R8733.jpg

草花を舞う姿が見られると嬉しくなってしまう。
AB1R4174.jpg

枯れ野を舞うビロウドはこの時期の風物詩ですね。
AB1R1269.jpg

裏面色調も美しい。
AB1R3467.jpg

EOS1DX EOS7D EF24mm F1.4L ll USM EF100mm F2.8 MACRO USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ミヤマチャバネセセリ

Category : セセリチョウ科
身近な蝶でありながら何故か縁がない存在・・・オフシーズンが近づくと翌年へ持ち越し課題となる蝶がこのミヤマチャバネセセリだ。数年前、江戸川の河川敷で擦れ個体を見掛けたのが最後であった。
今年はじっくり向かい合ってみようと思い、比較的多くの個体数が見られるという多摩川の河川敷へ「たかがヤマト、されどヤマト」のotto-Nさんにご無理を申し上げ生息地の案内をお願いした。普段は広角レンズ1本と軽装なのだが、この日はカメラ3台、レンズ3本の重装姿で、久しぶりの「ラッシュ時」満員電車に悲鳴を上げた。

到着後、しばらく河原を探索するも全く見付けることができず、他の蝶では鮮度抜群のギンイチモンジセセリが撮影適期を迎えており、美しいビロウドをそこかしこで靡かせていた。otto-Nさんが到着するまでこちらを専念することにした。その後、otto-Nさんからミヤマチャバネセセリがテリ張りをしていると連絡が入り急いで現場へ向かうも、広大な河川敷のどこにいらっしゃるのやら・・・やっと葦に姿がダブる。ご挨拶を済ませ、そして、数年ぶりのミヤマチャバネセセリと嬉しい再会ができた。裏面の白班点がこの蝶の最大の特徴であり、個体数もそこそこ見られ存分にレンズを向けることが出来た。
IMG_4855.jpg

斜面の開けた特定な場所にテリ張りをするため、発見は意外に難しいですね。胴の太さは小型アオバセセリ並でしょうかね。
AB1R9208.jpg

鮮度の良さそうな個体を縦位置で。

IMG_49333.jpg

裏後翅の白班点が入ると嬉しいのですが、こればかりは相手任せ偶然の産物に過ぎませんね。
AB1R4876.jpg

AB1R3846.jpg

破損個体から新鮮個体まで様々であった。
AB1R2946.jpg

AB1R4215.jpg

この場所でテリ張りをしており、他の個体が侵入すると激しくもつれ合い、再びこの位置に戻る。撮り損じても再び舞い戻る習性は嬉しいですね。
IMG_4899.jpg

絡みもあったのだが、とてもとてもでした。これは来年の課題とします。
AB1R5102.jpg

久しぶりのミヤマチャバネセセリ、そして美しいギンイチモンジセセリなどを堪能することが出来ました。otto-Nさん、本日はお付き合いありがとうございました。

EOS1DX EOS7D EF24mm F1.4L ll USM EF100mm F2.8 MACRO USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR