スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロコノマチョウ 千葉 10月上旬

Category : ジャノメチョウ亜科
自宅から自転車で30分ほどの閑静な住宅街の一角にジュズダマの群生地があります。1日は霧雨模様でしたが、暫くすると薄日も差してきましたので数年ぶりにクロコノマチョウの撮影に行ってきました。途中、都立公園を覗いてみましたが、こちらは伐採影響により林床がスカスカ、見るも無残な光景に唖然 。環境変化に敏感な生態系をもつ蝶であり、湿地にはジュズダマの維持管理などを目的に活動し ている環境○○会という立て看板があった。ジュズダマ群生地裏手の小高い雑木林が親の住処で、久しぶりに沢山の個体を観察することが出来ました。
しかしこの場所に長時間居座ることは危険極まりない行為なのです。理由はヤブ蚊の猛攻に合い、シャツやズボンの上から容赦なく射してくることです。それでも気にならないのですから、夢中になるって本当に恐ろしいことですね…1時間ほどで撤収する事に。

この時期のクロコノマチョウは裏面の黒茶色の個体から鮮やかな赤っぽい個体等様々な色合いのものがありまして、撮影テーマを決めてそれを探すのも面白いものです。飛翔距離のないクロコノマチョウはすぐに着地するので撮影するのは容易いと思うのですが、なかなか至近距離に寄れず静止場所を直ぐに移動してしまうという敏感さを持ち合わせています。
1DX_1012.jpg

このタイプの色合いが一番絵になる感じですね。
IMG_0713.jpg

クロコノマチョウの魅力はなんと言っても表翅の大きな赤班を上下に靡かせ優雅に林床を舞う姿でしょう。
1DX_15644.jpg

椎木の根元に静止。
IMG_0619.jpg

雄の突起は短く全体が黒色をしており、雌ほどの派手さはありませんが、縁のシルバーラインは写真的な面白さが出そうです。
1DX_0571.jpg

1DX_0563.jpg

擦れているものの夏型個体もまだみられました。
IMG_0641.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

振り返って(クロコノマチョウ)

Category : ジャノメチョウ亜科
木漏れ日の差し込む林床をフワフワと軽快に飛翔する黒い蝶が目につき、ジャノメチョウと思いながらも近づいてよく見るとそれはクロコノマチョウだった。接近を感知してすぐ飛び立ってしまい、少しオーバーな言い方かもしれませんが、至近距離に近づいて撮影することさえ永遠に不可能なのではないかと思えるほどの敏捷性。昼間あれほど敏感にすぐに飛び立っていた個体も気温が低い日には活動が鈍るようで、やっとギリギリまで寄って撮影することができました。地味な蝶ですが 裏面の色調が個体ごとに様々な変異を見せたり、前翅の先端にある大きな赤い紋はとても魅力的です。
ここは自宅からほど近い公園で、面積が約81.7万m2もある都内で唯一の水郷の景観をもった自然公園。
蝶の写真を始めた頃、自然公園のクヌギの樹液に群がるコムラサキやゴマダラチョウを撮影中に、大きな黒い蝶が飛び回る姿を何回か目撃したことがあった。今思い返すとクロコノマチョウだったのかもしれません。
今年の秋は久しぶりに、レンズ越しに見るクロコノマチョウと向かい合ってみようかと思っております。

2008年7月下旬
IMG_7709.jpg

IMG_7331.jpg
EOS30D EF100mm F2.8 MACRO USM

2009年10月中旬
IMG_0172.jpg

IMG_0575.jpg

IMG_0534.jpg

IMG_8627.jpg

IMG_7382.jpg
EOS50D EF100mm F2.8 MACRO USM EF-S17-85mm F4-5.6 lS USM 

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

オオヒカゲ、リベンジ 6月中旬

Category : ジャノメチョウ亜科
疎林をフワフワ飛びまわる姿は、どうしても撮影意欲を掻き立てられてしまいます。昨年はオオヒカゲの色調にどっふりハマってしまったのだが、いくらシャッターを切り続けても光量不足のため画質は真っ黒、被写体ブレ、低光ノイズや粒子の粗さも目立ちザラザラ、見事に大惨敗。ストロボで試すも色飛びしてしまい散々であった。そしてシャッターユニットの破壊。もう二度とオオヒカゲの飛翔は撮ることはあるまいと思ったのだが、懲りもせず再チャレンジにまた今年も来てしまった。

昨年は擦れ個体に残念な思いをしましたので、今年は少し早めに出掛けてみたところ、羽化直後の個体が大半をしめてました。
IMG_8175.jpg

藪に深入りせず、比較的明るめな疎林を拠点に探索です。
AB1R0709.jpg

AB1R2838.jpg

両コナラから樹液が出ており、先客のいる木が好みでした。
AB1R0793.jpg

吸水や樹液にいる時は至近距離まで寄ることが出来るのですが、その他の場合は気配にとても敏感で即飛び立ってしまう。新鮮な個体ほど静止撮りに苦労させられました。
IMG_81455.jpg

午後になるとカサツゲが自生する薄暗い傾斜面で、探雌行動する個体が目立ち始めた。その姿は草木を掻き分け飛翔するクモガタヒョウモンにそっくりです。違いは陽当たりと日陰でしょうか。
AB1R1394.jpg

樹液に陽射しが当たり始めると急に飛来数が減ります。
AB1R2801.jpg

今年はオオムラサキの発生も早い感じですね。
IMG_8005.jpg

木漏れ日が大きな蛇目模様を透過し、疎林を優雅に舞う姿はジャノメチョウの王様に相応しいですね。
AB1R4328.jpg

昨年同様にオオヒカゲの個体数が多くホッとしました。そして蚊も多く、シャツやズボンの上から刺されまくられ一時撮影どころではありませんでした。
AB1R3617.jpg

突然足元から交尾ペア飛び立ち、方向の定まらない猛スピードで梢に舞い上がってしまった。
AB1R8334.jpg
今回の撮影もイマイチでしたが、沢山のオオヒカゲに囲まれ楽しいひと時を過ごすことが出来ました。いつまでもこの様な素晴らしい環境を見守りたいですね。来年もまた訪れることでしょう・・・たぶん。

EOS1DX EOS7D EF24mm F1.4L ll USM  EF100mm F2.8 MACRO USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

オオヒカゲの舞

Category : ジャノメチョウ亜科
飛翔撮影には闇夜を舞う苦手な種類だが、フラッシュ調整も兼ね出かけてみた。ここは県境にあるカサスゲの群生地。
ジャノメチョウ科の大半は薄暗い雑木林を飛び回るため、どうしてもフラッシュが必要となる。しばらくフラッシュ撮影をしたもののやはり色飛びしてしまいダメであった。オオヒカゲはフワフワとゆっくり飛翔するため、超低速SS設定ピンボケ覚悟で試みたら、意外にも上手く捉えることができた。

至る所に美しい個体が留まっている。
IMG_3233.jpg

気配には敏感であるが、一度飛び立つと林内をジグザグにフワフワと舞うので撮影は易しい。あとは比較的明るい斜面に移動してもらうだけだが、低速SSのため木漏れ日にまともに入ると翅色が飛んでしまう。通常の高速SSであれば恐らく背景共に真っ黒。
IMG_1196.jpg

樹液には多数の個体が群がっており、その全てがオオヒカゲである。他種(ナミヒカゲ・ルリタテハ等)が入り込んでくると分散傾向にあり面白い。姿が大きい割には意外に控えめな性格なのかも。
IMG_3423.jpg

薄暗いミズナラ林を飛翔する。
IMG_9903.jpg

先程まで吸液していた個体が開翅し始めた。
IMG_3315-1.jpg

多産地ならではの光景だ。
IMG_9412.jpg

この様な薄暗い空間を絶え間なくフワフワと舞っている。
IMG_9584.jpg

木漏れ日に蝶が飛び込んでくれると良いのだが、それ以外では光量不足となり本来の色彩が引き出せない。
IMG_1657 (2)

IMG_9426.jpg

IMG_3003.jpg

藪に潜り込み探雌する。これ以上深追いすると画像は真っ黒。
IMG_2089.jpg

よく観ると各個体の模様や色調の相違もあるみたいだ。
IMG_9297.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

日陰の美しき住人 

Category : ジャノメチョウ亜科
 コジャノメは翅裏の薄紫色が美しく、特に春型は素晴らしい。暗い雑木林内を好むため「日陰の美しき住人」と呼ぶに相応しいチョウだ。飛翔撮影でこの紫を捉えることは意外に難しく、明るい場所を拒むためストロボ発光すると紫が飛んでしまい、やはり撮影には自然光が良さそうだ。日光浴を終えた個体が緩やかに舞っており残念ながらやがてササ藪に姿を消してしまった。鮮度の良い個体であったので、再度この地を訪れた。極めて敏感で数歩近ずく度に飛び立ち、この時間帯は木陰には入らず、日当たりを滑空するため自然光で存分にシャッターを切ることができた。



朝日では光量が少ないため感度を上げたかったが、ノイズが気になり低めに設定した。若干アンダーになってしまったが、翅裏の紫を鮮明に表現することができた。

IMG_7868.jpg

ヒメジャノメと違い外縁に薄紫が入り、雄の光沢のある性標とコジャノメ特有の後翅に現れる眼状紋も捉えることができた。

IMG_7995.jpg

IMG_7965.jpg

IMG_7886.jpg

有り難う御座います
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。