里山の蝶Ⅱ 3月下旬

Category : 蝶一般
急に暖かくなったと思ったら、また寒くなったり、季節の変わり目は変動が大きいですね。
先日、ミヤマセセリの吸蜜シーンを観察することができませんでしたので、 今日(22日)は快晴の予報という事で、もう一度里山に出掛けてみました。ほんの数日の間に沢山の草花が咲き乱れ、蝶の個体数も多くなっており、本格的な季節の進行を強く感じさせられました。

最初に必ず出迎えをしてくれるのはこの越冬蝶です。

AB1R9065.jpg

ヒオドシチョウは菜の花も大事な吸蜜源ですね。
IMG_3663.jpg

雑木林に囲まれた林道で、せわしげに飛ぶ嬉しい瑠璃色を発見しました。初見です。
AB1R9827.jpg

モンシロチョウにしては少し小さいと感じましたが、頭上を横切った瞬間、端のオレンジがチラッと。初見記録となりました。
AB1R7954.jpg

ミヤマセセリの雌がムスカリで吸蜜しておりました。南に面した尾根沿いの林床には、暖かそうな枯葉の絨毯が深々と敷き詰められ、 あちこちにムスカリの鮮やかな青紫色が顔をのぞかせていた。 色調に引き寄せられるのか、この花にちょっかいを出す多くの個体を見かけました。

IMG_4113.jpg

普段は暗い林床ですが、この時期は暖かい春の日差しがいっぱいに降り注がれてとても気持ちが良い。ムスカリを一緒に入れてみました。こちらも雌です。

AB1R0862.jpg

ヒメオドリコソウが、落ち葉に半ば埋もれたまま顔をのぞかせているため、構図を描き出そうとする前に飛び立たれてしまう。しかし、今年は非常に個体数が多いので少し余裕が持てます。
IMG_4309.jpg

AB1R0955.jpg

大木の梢から突然くるくると回転しながら舞い降りてきました。交尾ペアは飛翔力が弱いみたいです。
IMG_7332.jpg

転がっている枯れ木や朽木、倒木の隙間を縫うように行ったり来たりしておりました。探雌行動ですね。こんな光景を見ているだけでも楽しい気持ちになります。

AB1R2035.jpg

今週は寒の戻りとなっておりますが、来週末には4月の季節感が戻って欲しいと密かに願っております…。

EOS1DX EOS7D EF17-40mm F4L lS USM EF100mm F2.8 MACRO USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

山梨の蝶 6月中旬

Category : 蝶一般
9時前に林道入り口に到着、昨年もこちらでお会いした日本鱗翅学会のNさんが盛んに木々を叩いていた。激しく飛び回るアイノミドリシジミの姿を見つつしばらく林道をさかのぼる。渓谷に面した枝先ではメスアカミドリシジミのテリ張りが始まった。徐々に至近距離で開翅する個体が増え始めたが、不思議と10時前には姿を消してしまった。本日の目的はメスアカミドリシジミの卍絡みであったのだが、殆ど観られずに終わってしまった。

AB1DX60009.jpg

AB1DX09980.jpg

こちらは活動を終えたアイノミドリシジミ。
AB1DX42331.jpg

薄暗い林道で危うくスミナガシを踏みつぶしてしまうところでした。飛び去ることもなく吸汁に夢中でした。
AB1DX9732.jpg

この林道を早目に切り上げ、ここからから車で30分ほどにあるアサマシジミの生息地へ移動することにした。この地は初めてであったが、意外に個体数が多くホットした気持ちになった。しかし遠方にはブルーとグリーンが見え隠れする。なんてこった!!
AB1DX91818.jpg

AB1DX62627.jpg

この写真は採られる直前に撮った一枚です。今頃は展翅板の上かと思うと遣り切れませんね!
AB1DX97681.jpg

AB1DX53108.jpg
EOS1DX EF24mm F1.4L ll USM  EF100mm F2.8 MACRO USM    

※ 身内に推理小説家 ”柴田よしき”さんの大ファンがおりまして、サインを依頼され、この一冊いつもザックに。まさかこの日偶然お会いしたご夫婦が・・・無念。その節は御挨拶もせず大変失礼いたしました・・・またどちらかでお会い出来ますことを楽しみにしております(^0^)/
帰宅後、身内にこの件を話すと、「証拠もないし、絶対に嘘だぁ~!」って困ったものです。
AB180002.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

河川敷の蝶

Category : 蝶一般
久しぶりの江戸川河川敷へ、モンキチョウ以外の新生蝶を探しに出掛けてみました。数十年慣れ親しんだ柴又帝釈天参道を通ると、河川敷までの時間が短縮されとても楽だ。右の「高木屋」は明治元年創業の老舗団子屋。「男はつらいよ」の中で、寅さんの生家としてモデルになったお店。昼食用にここでお団子を購入していきました。
AB1R5420215.jpg

スイバの比較的多い斜面を踏み込むと、足元から嬉しい紅が飛び出した。モンキチョウも以前と比較すると個体数がかなり多くなり、何れは求愛追飛に再度訪れてみようと思った。その後、このポイントを早目に切り上げ水路に面したお花畑に移動した。

AB1R3341077.jpg

AB1R42628095.jpg

ここは菜の花と芥子菜の混生地。幾つものモンシロチョウが気持ちよさそうに舞っていた。今年は若干開花が早い感じ。
AB1R42523394.jpg

斜面では卍が行われており、6月のメスアカミドリを想定しレンズを向けてみた。
AB1R9000976.jpg

水仙の咲き誇る斜面を舞うのであるが、何故か吸蜜行動は全く見られず素通り。
AB1R4252958.jpg

今年は十日ほど早い初見であった。この蝶を見ると本格的な春の到来ですね。
AB1R1912591.jpg

卍から追飛に切り替わる時間帯があり、双方のジャスピン狙いが出来るチャンスでもある。
AB1R2332428.jpg

しばらくするとまた絡み合い、互いの様子を伺っているようであった。
AB1R112314.jpg

これから一気に新生蝶が増えそうですね。
AB1R19190726.jpg

EOS1DX EF24mm F1.4L ll USM EF17-40mm F4L USM 

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

青空に舞う

Category : 蝶一般
青空を舞う姿はその状況に応じて露出調整が難しく、今年は大半の画像が色飛びをしてしまった。なかでも乱舞状態であったウスバシロチョウに関しては、ほぼ全滅でした。


ツマキチョウ 埼玉県八潮市 4月中旬
IMG_87901.jpg

ウスバシロチョウ 埼玉県飯能市 5月上旬  
IMG_2675.jpg

ツマグロキチョウ 栃木県さくら市 9月下旬
IMG_8991.jpg

アサギマダラ 千葉県市川市 10月上旬
IMG_06359.jpg

カバマダラ 神奈川県横浜市 10月中旬
IMG_13249.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR