スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神輿 2017 (その2)

Category : 神輿
神輿は、大きくは本社(宮)、町会、同好会所有に分けられます。神輿の写真を撮っている者の多くは、圧倒的に本社神輿、宮神輿を主たる被写体にしているように思います。一方、同好会などの担ぎ手諸氏は、神輿であれば種類を問わず招請に応えたり、あるいは自発的に、各地の神輿全般を担ぎの対象にしておられるでしょう。町会神輿は東京23区内だけでも実に1200基を下りません。本社神輿については550基ほどもあろうかと思われます。写真仲間が各自の持つデータを出し合い、計算した結果からの推測です。

中央区湊:鐵砲洲稲荷神社 秋山三五郎作 建造大正5年 台輪4尺1寸5分 
延軒屋根、平屋台造りの品格漂う極彩美が施された宮神輿。ひら担ぎと呼ばれる「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声で神輿をあまりゆらさずに担ぎます。 
1DX_7452.jpg

江戸川区平井:天祖神社 後藤直光作 建造昭和3年 台輪3尺5寸
延軒屋根、勾欄造り。 胴と台座の木彫が素晴らしい。
氏子たちの熱気あふれる雄壮な宮入。とにかくこれだけの熱気と迫力を感じる祭りはないといえます。 
1DX_1815.jpg

松戸市小山:浅間神社 後藤直光作 建造元禄13年 台輪2尺3寸
長閑な風景、地域密着型のお祭りです。
1DX_8274.jpg

葛飾区青戸:青砥神社 建造安政年間(修復 16代浅子周慶作) 台輪4尺
屋根を支える四隅に金属支柱が増設されており、勾欄仕立ての古神輿。神輿好きの間では幻の神輿と呼称されています。
1DX_2757.jpg

市川市市川:春日神社 後藤直光作 建造昭和15年 台輪3尺2寸
台風の余波で、本降りだった。重要文化財の神輿は雨に濡らしてはいけないのかと思っていましたがびしょ濡れ。 まっ、こんな日もあるさ…自然にはどうやったって逆らえない!
1DX_0866.jpg
スポンサーサイト

神輿 2017

Category : 神輿
江戸川区船堀:日枝神社
日枝神社は船堀駅からほど近い場所にありながら、古い船堀の家並みがかすかに残るとても風情のある歴史を感じさせる落ち着いた神社です。
後藤直光作、建造嘉永元年、台輪2尺の小ぶりながらも神社の宮神輿の風格を備えた立派なお神輿であり、あまり知られていない宮神輿であるのでここでとりあげてみました。
この神輿はシーズンオフの神輿庫探訪の途中で見つけた一基で、神輿庫に前回祭礼時の寄付者名などを示す掲示などがあったので、期待をもって神輿のことを尋ねようとしたが、聞くところが見つからなかった。
その後何度か出向いていると偶然にも神輿庫のシャッターが空いており、役員さんのご教示でようやく神輿渡御日を確定することができた。
本来は4年に一度の本祭りに渡御されるが、最近は必ずしも4年に一度ではなく、諸事情もあって、もう少し渡御周期が空くこともあるらしい。

2017 船堀6丁目日枝神社

IMG_7907.jpg

ガラス越しにシゲシゲと眺めたものである。
2017 船堀日枝神社 渡御は10月8日8時~14時

当日は他の祭礼と重なったこともあり、残念ながら宮出し宮入は観ることが出来なかった。昼前に到着はしたものの探すのに少々手こずったが、神酒所前で一旦休憩中の神輿をやっと発見した。
細い担ぎ棒を台にしてかさ上げしたように担ぎ棒がついている特異な棒の組み方がこの神輿の特徴です。
1DX_8335.jpg

小ぶりではあっても台輪四囲の彫り物は、厚い欅材に鋭く彫られている。神輿全体に言えることだが、肩が入り担がれているときは、こうした細工物は全くと言って良いほど目につかないものであるが、宮神輿には贅を尽した部分が多くあり、それを拝見するのも楽しみの一つである。
1DX_8331.jpg

2尺ほどの神輿が大勢の担ぎ手によって細かい路地を渡御する。本当に家並すれすれに神輿が通り、見ているほうがヒヤヒヤするほどの光景である。
1DX_8184.jpg

担ぎ手が着ている半纏は様々な町会のものが入り混じり、離れた地域のものも数多く見られ、いわゆる助っ人なしでは成り立たなくなっているのがはっきりと分かる。
1DX_8410.jpg

元旦初担ぎ 2018

Category : 神輿
葛飾区亀有 西三若睦會神輿渡御
「こち亀」で全国的に有名な葛飾亀有、 毎年恒例の新春元旦に行われる西三若睦會主催 「亀有元旦神輿祭り」当日は好天に恵まれ威勢の良い掛け声がJR亀有駅ロータリーにこだまします。
1DX_2738.jpg

1DX_2764.jpg

1DX_2801.jpg

1DX_2875.jpg

北千住 元宿會神輿渡御
今年は元宿會の黒い”鉄”神輿。昭和50年奉納。昨年まで9団体だったのが今年は10団体になっていました。 例年通り、スタートは千住大川町の氷川神社ですが、今年のゴールは元宿神社。 氷川神社は日光街道の千住新橋南詰近く、元宿神社は尾竹橋通りの西新井橋南詰 近くにあります。
1DX_3068.jpg

1DX_3074.jpg

1DX_3180.jpg

1DX_3549.jpg

式年祭

Category : 神輿
葛飾八幡宮:千葉県市川市 2017年4月2日

JR総武線、都営地下鉄新宿線、さらに京成本線の三つの鉄道が交叉する千葉県市川市本八幡の、JRの駅から歩いて約10分、市川市役所の奥に鎮座するのが、駅の名前にもなっている下総国総鎮守の葛飾八幡宮です。
通常の祭礼は9月15日に行われますが、今年は33年に1度、「式年大祭」が実地され、大変盛大な賑わいを見せました。
神輿の台輪寸法は3尺7寸 行徳関ヶ島の後藤直光作。 屋根に三ツ巴の十六弁菊の神紋が特徴。
IMG_4287.jpg

IMG_4491.jpg

大鷲神社:足立区花畑 2017年10月7、8日

”酉の市”発祥の社として知られる大鷲神社では12年に1度、その名前にちなんだ酉年に「式年大祭り」が執り行われてましたが、あまりにも期間が長いとのことで6年ごとに改められ、応永年間(1394年-1428年)より日本武尊の命日とされる酉の日に、日本武尊への報恩感謝の祭りが行われるようになりました。
神輿の台輪寸法は4尺2寸あり、勾欄のない平屋台形式で、渡御の時は晒しや緞帳で分かりづらいとかと思いますが、胴の四方が扉となっている型式です。そして屋根の頂に乗る大島が鳳凰でなく、神社の名前に由来する”鷲”となっているのが特色です。
IMG_7137.jpg

宵宮では社殿から御魂を神輿に移す儀式である御霊入れが行われ、その後、約半世紀ぶりに晒し緞帳なしで、30分程の肩入れも行われました。
IMG_7249.jpg

翌日の宮出しでは、神輿の胴体部が刺繍された赤い緞帳で覆われてしまった。
IMG_7431.jpg

平成30年暦 「鳥越祭」 「江戸神輿」
RIMG0005.jpg
RIMG0009.jpg
鳥越神社、浅草仲見世、浅草(東武・都営・メトロ)の各書店、祭礼用品店などで取り扱っております。

お知らせ

Category : 神輿
当ブログをいつも訪問いただき、ありがとうございます。
都合によりしばらくの間、更新を休止させていただきます。
再開の日までお待ち願います。

IMG_2356.jpg
墨田区立花:白髭神社
プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カウンター
カウンター カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。