スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京のホシミスジ 5月下旬

Category : タテハチョウ科
個体数の増加とともに分布域が拡大して、このあたりではユキヤナギの植え込みがあれば結構どこにでもいるのかもしれません。
美しい蝶を間近で見られるのは嬉しい事なのですけれど 、彼等の存在が意味するところを考えると、ちょっと複雑な気持ちになりますね。

1DX_5714.jpg

IMG_1781.jpg

1DX_7014.jpg

1DX_5993.jpg

1DX_7267.jpg

1DX_6146.jpg

1DX_1440.jpg

1DX_6445.jpg

1DX_7601.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

東京都下 ホシミスジ 5月下旬

Category : タテハチョウ科
今年はホシミスジの発生も恐らく早いであろうことは予測していたが、こんなにも多いのか!と驚いてしまうほどの個体数だった。子供がモンシロチョウとホシミスジミを捕まえて虫かごに入れる多さだ。
ここは、武蔵野の雑木林が今も多く残る都心からほど近いエリアです。ユキヤナギが数十メートルにわたり植栽されており、全く手入れがされずに放置されている樹もあり、ホシミスジの絶好の環境となっております。局地的ではありますが、今年は余りの個体数の多さに、本当にこれでいいものなのかなと少し悩んでしまいました。人間が意図したか否かは別として、どの方面からその生息域を拡大しているのかは知りませんが、聞くところによると、それはどうも本州中部亜種とは異なる瀬戸内亜種が三重を通過し、八日市市辺りから北上してきたという説があります。

ほぼ手付かずのまま伸び放題になっているユキヤナギ。

AB1R7860.jpg

飛び方に特徴があり、数回はばたくと翅を開いたまま滑空するようにスーッと飛ぶ習性があります。
AB1R4096.jpg

探雌飛翔に疲れてしまったのか、ドクダミの脇で静止する個体を見つけた。

AB1R6539.jpg

ユキヤナギの込み入った中を潜り込んだり、次から次へとたくさんの個体がやってきます。
AB1R5977.jpg

人に対する警戒心が全くない様子で、足元をゆっくり通過します。のんびりとした滑空を見ていると、ほっこりした気持ちになってしまいますよね。
AB1R4279.jpg

AB1R6575.jpg

裏翅の後翅裏面の基部付近に小さな黒い斑点があるのが特徴。
AB1R5447.jpg

AB1R6401.jpg

AB1R3330.jpg

AB1R6468.jpg

AB1R6526.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

残暑

Category : タテハチョウ科
立秋とは名ばかりで、当面は厳しい残暑が続きそうですね…
IMG_513033.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

クモガタヒョウモンなど 

Category : タテハチョウ科
5月の里山では必ず見かける蝶なのだが、最近はめっきり個体数が減少しているのかなと心配もするようになってきた。もし機会があったら個体数の多い条件下において、じっくりこの蝶に向かい合ってみたいと以前からそう思っていた。先月、アオバセセリを撮影中、「てくてく写日記」のBANYANさんから嬉しい情報をいただいたのでクモガタヒョウモン中心の撮影に出掛けてみました。
上旬に訪れた時はまだ発生初期でもあり、ワンチャンスの証拠写真的なもので終わってしまった。
今回は早目に駐車場に車を停めて、林道沿いをゆっくり探索してみました。歩くこと15分弱、いきなり傾斜面から3頭の個体が現れ、急いで小高い丘に登ると沢山の個体が舞っていました。

朝方の時間帯はあちこちで静止する姿が見られ、先ずは美しい個体を慎重に縦位置で。

AB1R1142.jpg

☝同一個体です。アングルを変えて翅裏の美しい雲海模様を。
AB1R1030.jpg

草地を掻き分けるかのように足下を飛び回るのだが、これがなかなか敏感で近づけない。
AB1R9681.jpg

複数の重みに耐えきれず、ハルジオンが凭れてしまう面白い場面があった。
AB1R1052.jpg

AB1R0538.jpg

撮影には十分すぎる程の数であった。

AB1R9341.jpg

直前でかわされてしまう。

AB1R9389.jpg

AB1R1006.jpg

丈の低い草地を這いつくばる感じで探雌行動をする。

AB1R01522.jpg

スミナガシも多く見かけたが、今日のお目当てはクモガタヒョウモンであったので取り敢えず一枚。
IMG_5858.jpg

日中は沢山の個体が探雌行動をしているのだが、この場所は寒暖差が激しいのか、いったん日が陰ると暖をとる個体が多くなる。遠目から見わたすと山吹の花が咲いた感じで、それだけ個体数が多かったです。
AB1R1023.jpg

AB1R9572.jpg

望遠でも狙ってみました。
AB1R12333.jpg

今回は雌の撮影が出来ませんでしたので、機会があれば夏眠に入る前にもう一度行ってみたいですね。
AB1R1181.jpg

BANYANさん、再三にわたりクモガタヒョウモンの情報提供ありがとうございました。

EOS1DX EF17-40mm F4L USM EF70-200mm F2.8L lS ll USM 

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ヒメアカタテハの舞 9月上旬

Category : タテハチョウ科
江戸川河川敷へヒメアカタテハの撮影に行きました。青空に積乱雲が点々とバラけており久しぶりの晴天。7月の花火大会前、沢山の幼虫が付着するヨモギが全て刈り込まれ心配もしたが、相変わらず今年も個体数が多く、ホッとした。敏感ではあるが、一度飛び去っても再び舞い戻る習性は有難い。この蝶の模様は背景諄さがあるためアングルは上空狙い、そして、絞りは開放固定。午後から所要があるので、正味1時間のトライであったが、自宅から自転車で10分足らずの河川敷は、身近な蝶の撮影場所としては嬉しいフィールドだ。

アカツメクサを期待したが、大半が枯れており猛暑の影響みたいです。
IMG_9706.jpg

IMG_593011.jpg

赤紫の絨毯が敷き詰められていなかったのが少し残念だ。
IMG_9237.jpg

青空が広がったのは一瞬の出来事で、その後、厚い雲に覆われてしまった。
IMG_8987.jpg

IMG_58291.jpg

IMG_8801.jpg

土手沿いはお散歩往来が多く、本日は時間がなかったので、次回は自転車やジョキングそしてペア姿も入れたいですね。
IMG_95021.jpg
EOS50D EOS7D  EF100mm F2.8 MACRO USM  EF14mm F2.8L ll USM  

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。