ミヤマシジミの舞  9月下旬

Category : シジミチョウ科
雌の青鱗個体もいたが、色彩が上手く表現でず今回は通常型を載せました。

土手沿いには彼岸花が咲いており、背景に入れてみました。
IMG_1996.jpg

IMG_1950.jpg

IMG_1951.jpg

IMG_1982.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ウラナミシジミの舞  10月初旬

Category : シジミチョウ科
今年は葛に絡む姿を撮りたかったのだが、花は既に咲き終えた状態なので、センダングサが咲き乱れる河川敷で、元気に飛翔するウラナミシジミの姿を追ってみた。


秋空の鱗雲はウラナミ模様に良く似ており、この季節を感じさせます。
IMG_2750.jpg

センダングサには沢山の個体が舞っていた。
IMG_6127.jpg

花は散ってしまったが、葛の群生地で探雌する雄。
IMG_0394.jpg

交尾ペアにちょっかいを出す雄・・ウラナミシジミの定番姿だ。雌に何を語りかけているのか?
IMG_0915.jpg

IMG_1959.jpg

木陰に入ると本来の美しい色彩が表現できた。
IMG_3463.jpg

このチョウは翅裏も魅力的だ。
IMG_5990.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

横浜市に舞う、カバマダラ

Category : マダラチョウ亜科
迷蝶の可能性が高く、初旬には夥しい数が舞っていたそうで、今日はそれほど多いという感じではなかったが、撮影には充分すぎる数であった。斜面には食草のガガイモが多く自生しており、ここが発生源のようだ。現地で初めてお会いした「Akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!~自然大好き~」のAkakokkoさん、また、多くの皆様と楽しい一時を過ごすことができ、有り難うございました。


青空に舞うオレンジは、情緒ある雰囲気。
IMG_7470.jpg

レンズにはとても警戒心を抱き、即座に方向転換する仕草はアサギマダラ以上。
IMG_2276.jpg

IMG_1325.jpg

雄同士が足元で絡み始めた。
IMG_7806.jpg

IMG_1005.jpg

IMG_2461.jpg

フジバカマの背景は稲掛になっており、この時季の雰囲気を十分に表現する事ができた。
IMG_9461.jpg


先日は雄のみの撮影であったので、台風一過の晴天日に、雌を狙ってもう一度出掛けてみました。現場に到着すると壮絶な景観を目の当たりにした。台風の影響で鶴見川が氾濫しグランドは一面冠水状態にあった。水は大分引いた感じであったが、土手から見下ろすと丈の低い植物は全て水に浸かってしまった。園内は立ち入り禁止になっており、しかたなく近くの河川敷を探索してみた。破損個体を目撃することが出来たのだが、猛威を奮った後だけに、今後の発生が心配だ。


破損個体の雌
IMG_3901.jpg

カバマダラ雌を追う、ツマグロヒョウモン雄(右)。これは異種求愛追飛で、確かにツマグロヒョウモンの雌に良く似ており、勘違いする雄の気持ちが良く判る。
IMG_4130.jpg

 ※ このたびの台風26号により罹災されたみなさまに、謹んでお見舞い申しあげます。


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

アサギマダラの舞  10月上旬

Category : マダラチョウ亜科
以前より目星をつけておいたフジバカマの大群生地が気になり、若干まだ早い気もしたのだが覗きに行ってみた。渡りの蝶であり、どのようなルートでここに辿り着くのか知らないが、フジバカマの背後には休息場所となる雑木林もあり、彼らが上空から見下ろすと水面もよく目立ち、舞い降りには絶好な場所なのかも。この日の朝方は雲っており2頭のみであったが、時間の経過で薄日が射し始めると一気に個体数が増し始めた。青空を舞う美しさでは、まずアサギマダラをあげたい。理由はマーキングされる翅には鱗粉がなく、ここが濃淡となり色飛びしない色彩がとても美しいことだ。そして撮影の易しさもある。欲を言えばノーマーキング個体が一番嬉しいのだが・・・。


青空を舞う姿は真下からでも美しい。
IMG_0635.jpg

吸蜜中は全く微動だにしないのだが、飛翔中はレンズに対する警戒心が強く、追い掛け回し過ぎると良い構図にはならない。再び旋回して舞い戻る習性があるので、その時が撮影のチャンスである。
IMG_8239.jpg

鮮度の良い個体も多く見かけた。これは雄。後翅裏の肛角(こっかく)部近くに黒斑の性標があるのが雄で、雌には黒斑はない。
IMG_6791.jpg

IMG_8145.jpg

IMG_9791.jpg

土手を滑り降りる感覚で、フジバカマに集まり始めた。
IMG_2497.jpg

この日は、マーキングされた個体も数頭みかけた。恐らく東北地方で標識された個体が南下中に立ち寄ったのだろうか。
IMG_6934.jpg

IMG_2721.jpg


IMG_1170.jpg

午後になると快晴になり、日射しを避けたフジバカマで吸蜜する個体が多くなった。やはり雌は巨大だ。
IMG_9866.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

キタキチョウの色彩異常型

Category : シロチョウ科
今秋はキタキチョウの異常型と二度も遭遇をした。前回は雄雌型であったが、今回は左前翅は雌の色彩で、他は雄の色彩を備えた個体である。雄雌型は江戸川河川敷、今回の異常型は埼玉の荒川源流域で発見した。当日は、別種狙いのために広角は持ち合わせておらず、100マクロに頼らざるを得なかったが、証拠たる最低限の色調を捉えることができた。


前回の雄雌型は夏型であったが、この個体は秋型。
IMG_7097.jpg

裏から観ても違和感が漂う。
IMG_7022.jpg

IMG_7272.jpg

センダングサで吸蜜中に通常型の雌が絡み始める。
IMG_7078.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ツマグロキチョウの黒斑退化型  

Category : シロチョウ科
前翅先端の黒斑が欠落する個体で、この河川敷には比較的高確率で出現する。3年前に完全黒斑退化型を撮影したが、黄色が全て飛んでしまい最悪の画像になってしまった。今回は完全なる退化型は現れなかったが、部分欠落した個体を撮ることができた。無性別画像は全て雄と思われる個体。#2、3、5、6は同一個体である。 



IMG_9342.jpg

IMG_8039.jpg

IMG_9361.jpg

通常型の雌(右)に求愛行動をする。
IMG_9528.jpg

前翅裏から観ても先端黒斑の部分欠落が判る。
IMG_9501.jpg

IMG_9392.jpg


IMG_9686.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ツマグロキチョウの舞  

Category : シロチョウ科
秋めく草原を舞う黄系は美しく、猛暑時と違い若干追い掛け回しても体力の消耗は少ない。いつものポイントは除草されており吃驚したが、上流域の土手にはセンダングサが沢山咲き乱れ無数の個体が舞っていた。天候は秋晴れであったが、鱗雲により若干日射しが遮られる時間帯があり、黄系はまともに日射しを受けると色飛びするために撮影は薄日か曇天の方が良さそうだ。飛翔撮影を始めてから恐らくこのチョウがいちばんレンズを向けたと思う。手頃な大きさと表裏の色彩が魅力的で、様々な景観構図に溶け込む美しさがある。ここではキタキチョウと混棲するが、慣れれば飛翔時における判別も容易い。色彩はキタキチョウより深みがあり(秋型)、飛翔持続が短く直ぐに静止する。


センダングサには沢山の個体が吸蜜に訪れていた。まだこの時期は種子が衣服に纏わり付かず楽である。
IMG_1112.jpg

この雄は理想とする色彩が表現でき、お気に入りの一枚となった。
IMG_7894.jpg

朝方は空気が澄んでおり、ぬけるような青空がチョウを演出する。
IMG_1540.jpg

午後になると鱗雲が広がり、真横から狙った姿がうまく入ってくれた。
IMG_6126.jpg

雄同士の追飛翔。 相手の確認飛翔で、同姓と判れば即座に分裂する。
IMG_5282.jpg

雄と比較すると、雌の色彩は淡いレモンいろ。
IMG_2359.jpg

ブルー、グリーンそしてイエローは、環境に良くとけ込む。
IMG_3605.jpg

秋空を舞う姿は翅裏姿でも美しい。
IMG_6071.jpg

夏型と秋型の中間個体(雌)、いわゆる中間型で、このタイプのツマグロキチョウはとても珍しい。
IMG_6055.jpg

求愛飛翔(左が雌、右が雄)。
IMG_7749.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR