スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河川敷の蝶

Category : 江戸川河川敷
河川敷に向かう途中、ツマキチョウの求愛が観られればと思い何時もの水路側ポイントに寄ってみた。若干時期が遅いと思ったが、一組のペアが華麗な舞を披露してくれた。
IMG_0166.jpg

反対斜面の雑木林には、スジグロシロチョウの雌が緩やかに舞っていたので正面姿を。
IMG_3191.jpg

土手には、何頭ものキアゲハがテリ張りをしており、斜面は陽炎が立ち上り初夏の雰囲気。
IMG_9258.jpg

今年は視点を変えて河川や大橋の入る場所を探してみた。丈のある葦が生い茂るために、川面の写しこみがとても難しかった。
IMG_9193.jpg

IMG_5952.jpg

IMG_6757.jpg

対岸を目指す個体も見られたがこれは無理。数メートル先が限界で必ず引き返してくる。
IMG_9594.jpg

IMG_8324.jpg

IMG_6657.jpg

IMG_9158.jpg

IMG_8917.jpg

目いっぱい腕伸ばし片手撮り(15cm)そしてピン甘であったが、波紋と大橋がうまく入ってくれた。
IMG_3516.jpg
何れも翅表が真っ黒になってしまい、本来の美しいビロウドが表現できず、やはり軽いフラッシュが必要か。
次回は卍絡みを掲載予定です。

EOS7D EF14mmF2.8L EF17-40mmF4L 


スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ツマキチョウの習性

Category : 生態
葦原野の一定空間を飛翔する白系が突然急降下する場所があり、恐らく交尾個体にちょっかいを出しているのかなと思い近づいてみると、ペットボトルに絡みつくツマキチョウがいた。ここは探雌道になっており、頻繁に通過する大半の個体がこの反射光に引きつけられている様子で、汚れのない綺麗なペットボトルに差し替えると絡み具合が鈍くなった。この薄汚れた容器から発する光沢に反応し、そして、ラベルに絡みつく要素があるみたいだ。

背景が暗いので蝶の写りがとても悪かった。これが発見時の状態。
IMG_3013.jpg

唐草模様の翅裏は笹薮に溶け込んでしまう。
IMG_3694.jpg

背景が薄暗いので、地上から30cmほどの場所に立てかけてみた。纏わりつきは黄色のラベル側に多く、留まって様子をうかがう個体もあった。立てることによりツマキには恰好の光沢に見えるのだろうか・・そして絡みつく個体が増した感じで、ペットボトルの角度による微妙な変化に左右されるみたいだ。
IMG_4825.jpg

農道からペットボトル目掛けて舞い降りてくる。ここが蝶道の出入り口になっている。
IMG_4911.jpg

IMG_5414.jpg

IMG_5664.jpg

集団絡みは壮観であったが、ペットボトル相手では違和感がある。いっとき6頭絡むこともあった。
IMG_5723.jpg

IMG_5666.jpg

1mほどの高さにペットボトルを置いてみた。
IMG_4267.jpg

いままで素通りしていたモンシロチョウが初めて絡んだ。
IMG_4214.jpg

IMG_4220.jpg

IMG_6478.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ホソオチョウの舞

Category : アゲハチョウ科
何かと問題の多い蝶ではあるが、尻状突起を靡かせフワフワ飛翔する姿は、意外と面白い被写体の1つでもある。夏型と比較するとこの時期に発生する第1化は、赤班の強調された美しい個体だ。

IMG_4155.jpg

IMG_5289.jpg

IMG_4333.jpg

IMG_6823.jpg

IMG_6084.jpg

IMG_6461.jpg

IMG_4375.jpg

IMG_8347.jpg
IMG_7024.jpg

IMG_5667.jpg

IMG_7131.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

神奈川県ギフチョウ

Category : アゲハチョウ科
三年ぶりにギフチョウを見に行ってきました。前回訪れた時は沢山のスミレが咲きそろっていたが、今年は少なくやはり大雪が影響しているらしい。マメザクラは満開、ミツバツツジは5分咲き、梅はまだ綺麗な花をつけている樹もあったが、本日はマメザクラに多く飛来した。そして、今年はギフチョウの個体数が少ない感じでもあった。

数回のチャンスではあったが、梅に絡む姿が撮れたのは嬉しかった。
IMG_8589.jpg

IMG_8000.jpg

午後はマメザクラに吸蜜に訪れる個体が多くなった。
IMG_9264.jpg

IMG_9382.jpg

IMG_9676.jpg

IMG_9515.jpg

丈の低いマメザクラは四方に枝が広がっているためどうしても被ってしまう。
IMG_9634.jpg

IMG_9520.jpg

IMG_9651.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ツマキチョウの舞

Category : 生態
自宅からほど近い場所にあるツマキチョウの産地を訪ねてみた。昨年は沢山の芥子菜が道の両サイドを埋めつくしていたが、今年は水路側の斜面にポツポツとあるだけ。地元の方に尋ねると大雪が影響したらしく、野菜にも被害が出たらしい。若干の心配もあったが、ツマキは時間の経過とともに数が増え始め、10時半過ぎにはパラダイス状態となった。雄の最盛期でもあり、雌は1頭のみであった。

IMG_5673.jpg

異種追飛や雄同士の絡みが多かったが、あと1週間もすれば華麗な求愛が見られるだろう。
IMG_4177.jpg

水路側の葦原野に降りるとここにも沢山の個体が舞っていたが、青空を入れることが出来ず構図的にはイマイチ。この上が農道になっている。
IMG_0020.jpg

IMG_2418.jpg

IMG_1022.jpg

今年は芥子菜にかわってタンポポが一面咲き誇っていた。
IMG_2188.jpg

IMG_5500.jpg

タネツケバナを行ったり来たり。
IMG_1049.jpg

長閑な住宅街でツマキチョウを撮影できる嬉しさ、環境に適する証でもあり、いつまでも見守りたいものですね。
IMG_6306.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。