オオミドリシジミ 6月上旬

Category : シジミチョウ科
昨年は天候が思わしくなく、オオミドリシジミ特有の青色を帯びた鮮やかな緑色を撮影することが出来なく残念な思いをした。そして今年も雄の擦れがすでに目立ちはじめており、この種の撮影ベストタイミングは発生初期の快晴ですね。
AB1R0878.jpg

雑木林の木漏れ日を無数の個体が舞い始めたのは7時半過ぎ。陽射しの当たる葉先を10時過ぎまで盛んにテリ張りが行われ、これほど多くの個体を観察出来たのは初めてであった。
AB1R019111.jpg

AB1R0645.jpg

このポイントでは木漏れ日の射す場所が限定されており、このように複数で静止する姿をよく見かける。

AB1R0914.jpg

雌はこの1頭のみで、偶然にもスポットを浴びた葉先に留まってくれました。
AB1R0588.jpg
狭い範囲に毎年多くの個体を確認することができ、とても嬉しい限りです。いつまでも環境維持されることを祈りたいですね。

EOS1DX EF70-200 F2.8L IS ll USM EF1.4X    

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ミドリシジミ卍 ~6月上旬

Category : シジミチョウ科
自宅から卍ポイントまでは公共交通機関を利用すると20分ほどで到着するため、この時期はどうしても卍飛翔が気になってしまい仕事の合間ついつい通ってしまう。
ここはハンノキに囲まれ葦の生い茂る開けた斜面で、天候や気温にも左右されるのだが、4時半を過ぎると単独飛翔が見られ、5時半前後が最も卍が盛んな時間帯、そして広角撮影に適した至近距離にも降りてくる。6時以降はさらに個体数を増すのであるが卍頻度は低下し分散も早い。産地にもよるのだが、この地域では降雨後の気温の低い無風曇天時が卍撮影の好条件で、開始時間も早く卍持続性もながい。晴天時は開始が遅く、終了が早いために、撮影時間の読みが意外に難しい。
今年は歩道脇に自生する葦が昨年の倍ちかくに成長しており、この影響なのか歩道で待ち構えても頭上1メートルほどをあざ笑うかのようにゆっくりと卍が移動するだけ。望遠で狙えば問題はないのだが…。翌日は2メートルの一脚にカメラを装着してみました。勿論、振り回すことは出来ませんので、そっと寄り添い設定範囲に飛び込む卍を連写する方法です。尚、画像の単独飛翔につきましては片方のフレームアウトです。

31442415531.jpg

これで3.5メートルほどの高さです。
AB1R378600.jpg

葦原野から斜めに移動して、今度はあずまやの屋根で盛んに卍を繰り返す。画像上部の黒い影はもう1頭の雄です。
AB1R6585.jpg

AB1R3921.jpg

下は沼地になっており一脚でなければ引き寄せできないない場所です。
AB1R7069.jpg

表翅の色調は別としてこの様に向かい合った写真が撮れるとうれしくなってしまいます。
AB1R7467.jpg

左の個体に頭部を傾けている仕草は可愛らしいです。
AB1R8137.jpg

珍しく目線の高さまで降りてきましたが、片方はフレームアウト。角度によりブルーになってしまいました。
AB1R2324.jpg

AB1R7338.jpg

今年は発生が早いのか、上旬には既に破損した個体も確認できました。
AB1R749000.jpg

AB1R8043.jpg

AB1R7484.jpg

アクロバット飛翔になってしまいました。
AB1R2934.jpg

AB1R7180.jpg

AB1R6669.jpg
ミドリシジミを観察できる身近なフィールド、今年も沢山の個体を確認することが出来ました。いつまでも大事に見守りたいですね。来季は至近距離に降りてきてほしいものです。

EOS1DX EF24mm F1.4L ll USM  

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ウラゴマダラシジミの舞 5月下旬

Category : シジミチョウ科
季節の進行が早く、のんびりしているとウラゴマダラシジミの淡いブルーが褪せてしまうと思い、昨年よりも1週間ほど早く出掛けてみました。午前中にアカシジミなどの撮影を済ませてから、ウラゴゴマダシジミのポイントへ向かった。ここは小規模ながらイボタノキが群生する湿地帯で、たくさんの個体が見られる産地。羽化直前と思われる個体がイボタノキの梢を飛び交う姿を目撃することが出来たが、この日は納得する写真は撮れなかった。翌日も撮影に当てたのだが、一日違いでこんなにもたくさんの個体が発生するものなのかと少し驚かされてしまった。

イボタノキが咲き誇る場所であれば良かったのだが、枯れ葉に蜘蛛の巣では寂しいロケーションだ。
AB1R7704.jpg

白色のものに関心を示し、アワフキムシの泡や鳥の糞に突進する姿を良く見かける。泡であれば良いアクセントにもなるのだが、糞ではやはり違和感を抱く。こればかりは自然相手だから仕方のない事か…。

AB1R5549.jpg

日陰にある鳥の糞に接近しては飛び去っていき、日の当たる場所にある糞には無関心だ。

AB1R3878.jpg

AB1R3844.jpg

こちらは側面狙いで…狭い隙間をすり抜けていく。
AB1R42344.jpg

午後3時半を過ぎると待望の雌の出現となった。留まる気配は全くなく、薄暗い林床を緩やかに舞う。
AB1R8449000.jpg

一般的に蝶は雄の方が美しいとされているが、この種に限って言えば雌の方が遥かに美しい。雌特有の大きな白班は裏翅からでも確認できる。
AB1R6996.jpg

夕刻に舞う雌は一段と美しく見えますね。
AB1R6806.jpg

ウラゴマダラシジミの乱舞するフィールド、いつまでも大事に見守りたいですね。
AB1R8430000.jpg
EOS1DX EF24mm F1.4L ll USM    

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

平地性ゼフィルス4種 5月下旬

Category : シジミチョウ科
今年は季節の進行が早く、中旬には平地性ゼフをはじめ、他の蝶も一斉に発生したみたいですね。

最初のゼフは羽化直のアカシジミでした。

AB1DX6501.jpg

蟻のちょっかいによりちらっと翅表が見えました。
AB1DX6533.jpg

ウラナミアカシジミも同時発生です。

AB1DX7637.jpg

足下から幾つものオレンジが飛び立ち、比較的明るい場所を飛ぶ個体を狙ってみました。
AB1R8122.jpg

ウラゴマダラシジミが至近距離でやっと半開翅を。
IMG_7378.jpg

薄暗い林床にはミズイロオナガシジミが。ファインダー越しに映る白衣の天使みたいですね。
AB1DX7805.jpg
ウラゴマダラシジミの活動にはまだ時間があったので、それまで無数の蚊に纏わりつかれながら他のゼフを撮影しておりました。

EOS1DX EF100mm F2.8 MACRO USM EF24mm F1.4L ll USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR