ミヤマシジミの舞

Category : シジミチョウ科
鮮度の良い個体を期待し、昨年よりも1週間ほど早く河川敷を訪れてみた。何時も撮影する場所には全く姿がなく、若干時期が早いのかと思ったが、少し離れた河原で発生初期を迎えており、その大半が羽化直の個体であった。

IMG_4692.jpg

鉢合わせになると絡む確率も高く、ギンイチモンジセセリと違い時間帯もながい。
IMG_4601.jpg

全翅を捉えるために真上から被せてみました。
IMG_4529.jpg

吸水のため路上を行ったり来たり。
IMG_9139.jpg

後翅に美しい青鱗が散らばる羽化直の雌個体。
IMG_1148.jpg

IMG_0509.jpg

コマツナギの周りを飛び回る。
IMG_1072.jpg

IMG_1266.jpg

シルビアシジミは既に時期遅く、大半の個体が擦れていた。
IMG_8065.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

美しいブルーを上手く捉えていますし、この絡みなんてお見事です。
何時もながら肝心なピン合いが凄いですね。
昨年より発生が早いのでしょうか?

連続写真

綺麗なブルーですね!
二枚目の写真は、まるで連続写真だ!

お見事です

極小種の飛翔姿は繊細ですし、とても憧れます。
そして、ミヤマシジミの美しい色彩が表現されてしまうのだから不思議。
シルビアは残念でしたね。

MUSHIさん
ありがとうございます。
角度によりブルー離れした色彩になり意外に難しいですね。
大半が色飛び画像ですよ。
この日は気温が低かったので、飛び方もゆっくりでした。
昨年より早い感じですね。

ハナオヤジさん
ありがとうございます。
このブルーに惹かれ毎年撮影に出向いています。
双方のジャスピン確率は低く、これは偶然の産物に過ぎません。
でも、最近は一方にピンが合えばこれでもいいのかな・・・って
思うようになりました。

悠々人さん
ありがとうございます。
確かに小型種には魅力を感じますね。
色彩は別として、やはりピン合い重視になってしまいますね。
シルビアは秋にでも。
次回掲載は大型種です・・・ご期待を!
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR