アサマシジミの舞

Category : シジミチョウ科
アサマシジミとの出会いは久しぶりで、学生時代に当時の塩山市で見たのが最後であった。今回は、比較的個体数が多いとされる産地を訪ねてみました。農地脇に沢山のナンテンハギが自生しており、到着後間もなく待望の1頭を発見した。懐かしい旧友にでも出会ったような嬉しさがあった。しかし、その後、全く発見できず、花に群がる夥しいヒョウモン類や、大発生するヒオドシチョウなどを撮って時間を費やした。暫く林道を進むと農地に面した草地で交尾個体を発見し、近辺には数頭のアサマシジミが舞っていた。気温が高くススキに潜り込んでしまい撮影しずらかったが、どうにか飛翔も捉えることができ一安心。裏手は雑木林で、また、唯一木陰になっておりここで休憩をとることにした。先程から小型の蝶が飛び交う草地があり、ヒメウラナミジャノメかなと思ってそれほど気に留めていなかった。その後、若干薄曇りとなり、ヒョウモンと思い林内を潜り抜けその草地に辿り着くと、ヒメウラではなく驚くことにここは正にアサマシジミの楽園であった。そして、一気に16GBと32GBを使い切ってしまった。


晴天時の画像は大半が色飛びしてしまい、本来のアサマを捉えることが出来なかった。しかし、午後からは薄曇りとなり角度による美しい色調を堪能することが出来た。
IMG_2040.jpg

IMG_0204.jpg

藪が混んでいるためどうしても被りがちになるが、上手くすり抜けた瞬間を捉えた時は嬉しい。
IMG_1959-1.jpg

IMG_0355.jpg

地面を這うように飛ぶ美し個体を真上から被せてみた。
IMG_1871.jpg

IMG_8880.jpg

IMG_2277.jpg

IMG_3132.jpg

同じアングルでは面白さがないので正面真横からも狙ってみた。
IMG_0135 (1)

IMG_2012.jpg

今回はカメラを2台(広角・マクロ)持参したので、静止姿を発見した時にはとても助かった。
IMG_0271-1.jpg

角度による色調変化を表現できるのは撮影の醍醐味でもあり、多産地の有難さでもある。そして、穏やかに舞うため飛翔歩留まりは極めて高かった。
IMG_9606.jpg

来年はまた違った色彩個体を撮ってみようと思う。
IMG_9887.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

一昔前は東京にも生息地があり、そして、笹子から塩山辺りは優れた名産地でした
・・・懐かしいです カードを一気に使い切ってしまうほどの多さだったのですね!
確かにこのような産地は大事に見守りたいですね
相変わらず飛翔はお見事です

No title

アサマシジミ、久しぶりに堪能させていただきました。
やはり静止画と違い飛びものは躍動感あっていいなぁ~。

kさん
ありがとうございます。
アサマシジミは数十年ぶりで、こんなにも大きかったのかな・・・って不思議な感じでした。
ゴマシジミの飛翔にそっくりですね。

Smash-12さん
ありがとうございます。
高尾の裏で昔、採集したことがありましたよ。笹子辺りは首都圏からもっとも近い産地でしたね。勿論、今は居ませんが。これ程の乱舞を見たのは初めてでした。何時までもこのような環境を保持したいものですね。大半が、ジャスピン画像でしたので、何れまた掲載しますね。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR