オオヒカゲの舞

Category : ジャノメチョウ亜科
飛翔撮影には闇夜を舞う苦手な種類だが、フラッシュ調整も兼ね出かけてみた。ここは県境にあるカサスゲの群生地。
ジャノメチョウ科の大半は薄暗い雑木林を飛び回るため、どうしてもフラッシュが必要となる。しばらくフラッシュ撮影をしたもののやはり色飛びしてしまいダメであった。オオヒカゲはフワフワとゆっくり飛翔するため、超低速SS設定ピンボケ覚悟で試みたら、意外にも上手く捉えることができた。

至る所に美しい個体が留まっている。
IMG_3233.jpg

気配には敏感であるが、一度飛び立つと林内をジグザグにフワフワと舞うので撮影は易しい。あとは比較的明るい斜面に移動してもらうだけだが、低速SSのため木漏れ日にまともに入ると翅色が飛んでしまう。通常の高速SSであれば恐らく背景共に真っ黒。
IMG_1196.jpg

樹液には多数の個体が群がっており、その全てがオオヒカゲである。他種(ナミヒカゲ・ルリタテハ等)が入り込んでくると分散傾向にあり面白い。姿が大きい割には意外に控えめな性格なのかも。
IMG_3423.jpg

薄暗いミズナラ林を飛翔する。
IMG_9903.jpg

先程まで吸液していた個体が開翅し始めた。
IMG_3315-1.jpg

多産地ならではの光景だ。
IMG_9412.jpg

この様な薄暗い空間を絶え間なくフワフワと舞っている。
IMG_9584.jpg

木漏れ日に蝶が飛び込んでくれると良いのだが、それ以外では光量不足となり本来の色彩が引き出せない。
IMG_1657 (2)

IMG_9426.jpg

IMG_3003.jpg

藪に潜り込み探雌する。これ以上深追いすると画像は真っ黒。
IMG_2089.jpg

よく観ると各個体の模様や色調の相違もあるみたいだ。
IMG_9297.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

林内を舞う雰囲気がとてもよく伝わりますし、4枚目のミズナラの葉がなんとも
憎いですね。素晴らしい構図です!
オオヒカゲの飛翔は初めて拝見しました・・・感動。

No title

オオヒカゲ、懐かしく拝見しました。
その昔、赤城山で見たのが最後でした。
個体数が激減してると聞きますが、この産地は豊富ですね。
静止の写真はよく見かけますが、やはり「飛び」が入ると
その蝶の生態が良く伝わりますね。
お見事です。

悠々人さん
ありがとうございます。
葉が入ることで、ミズナラ林の雰囲気が出て良かったです。
勿論、偶然の産物ですので、取り込み後に分かった画像ですよ。
木陰を舞う蝶は苦手でしたが、これからは他の種もチャレンジしてみます。

杉谷瑠璃さん
ありがとうございます。
数が激減してるそうですが、傍のゴルフ場が拡大予定なので今後が心配です。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
カウンター カウンター
QRコード
QR