ツメレンゲを舞う 10月上旬

Category : シジミチョウ科
ツメレンゲの開花状態を確認しに行ってみました。周りを見渡すと全体的に3分咲き程度で、まだ10日ほど早い感じではあったが、なかには数株の満開ツメレンゲも見られ、我先と吸蜜に訪れるクロツバメシジミで賑わっていた。擦れ個体から羽化直個体まで様々であり、薄日のために開翅する個体が多く、黒系には絶好な撮影日和となった。

石積みには丈の低いツメレンゲが多く群生しているのだが、まだ蕾であることは少し残念。しかし丈が低いためか接写で撮ってもフレーム内に収まるサイズは嬉しい。
IMG_8018.jpg

薄日状態ではあったが、雲の割れ目から青空が覗き始めたので少し意識して狙ってみました。
IMG_5145.jpg

午前中の日陰では気温が低く活動も鈍かったが、薄日が射すにつれて彼方此方に開翅する個体が多く見られるようになってきた。
IMG_0293.jpg

石積の隙間から舞い上がってきた瞬間で、所謂、蝶道みたいな場所。ここで暫し粘り、やっと捉えることが出来た1枚。本日のお気に入りとなりました。
IMG_8955.jpg

ツメレンゲの紅い絨毯を這うように飛翔する。花穂を付けていれば綺麗な画を描けただけに少し残念。
IMG_906111.jpg

羽化直と思われる個体が、撤収時まで微動だにせず静止していた。
IMG_0390.jpg

気温の上昇と共に一時はクロツバメシジミのパラダイス状態となり、追飛など繰り返す個体が多くなってきた。
IMG_6077.jpg

IMG_9086.jpg

急斜面ではあったが、数少ない花穂を付けたツメレンゲ脇で暫し待機をしていたら、嬉しい訪れがあった。
IMG_0350.jpg

IMG_9820.jpg

私的には、頭部の入らない画像は好みではないのだが、クロツの特徴でもある青班を後部から捉えることが出来たので、これはこれで面白いのかも。欲を言えば石積にツメレンゲがあれば良かったのだが・・・次回の課題です。
IMG_9674.jpg

環境悪化などによる減少が著しいが、何時までもこの様なフィールドは大事に見守りたいものだ。機会があればもう一度、満開の花畑にチャレンジしてみたいですね。
IMG_01791.jpg
EOS1DX EOS7D EF17-40mm F4L USM EF24mm F1.4L ll USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

そちらのツメレンゲは小振りな感じの可愛らしい姿ですね。
画像に収まるサイズは魅力的です。
相変わらずの飛翔ジャスピン姿・・・お見事。
天竜市のツメは大型が多く、ひと株に数頭のクロツが群がっています。
週末は天候が良いので、明日にでも最終化を撮りに行ってみます。

No title

どれも生息環境を意識された素晴らしい画像
多産地ですと、意図する選択肢が広がりより納得できる構図に近づけますね
お気に入り画像…頷けます
10日程とは、中旬が適期でしたかね

吉井貴志さん
ありがとうございます。
大小様々で、撮影し易いサイズが斜面を憚っておりました。
今回は折りたたみ椅子を持参しましたので、腰を痛めずに楽な姿勢で臨みました。
一株に数頭ですか…羨ましいです。
きっと素敵な写真が撮れたことでしょう。
機会があればもう一度、他の産地に行ってみたいですね。

MUSHIさん
ありがとうございます。
チャンスが沢山ありましたので、今回は納得する画像を捉えることが出来ました。でも、欲張り過ぎると、どうしてもクロツ独特の完璧な青班点を表現したくなりますね…まだ白班ですし。裏翅でしたが、気持ちよく飛翔する姿を描けた感じで、本日というか今年のお気に入りとなりました。連休明けが満開時期と思いました、ここでは。PCへの取り込みが何時も遅く、掲載のずれが大幅にあるために、日時は伏せております。一部の方からご指摘もありましたが、性格がルーズなために、気が向くまではCFに入れたままの状態が数か月。今年のミドリシジミやアサマシジミ等がまだ入って居りました。ご指摘のお一人がMUSHIさんでしたね…すみません。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR