花園に舞う 10月下旬

Category : シジミチョウ科
ツメレンゲの開花、天候、そして主役の最盛期、この種は撮影に対するベストタイミングの把握がとても難しい。実はこの産地、仕事の取引先や馴染みゴルフ場が近隣にあるため、数日前にも下見を兼ね立ち寄っていた。夕刻ため成虫の確認は出来なかったが、ツメレンゲは5分咲き程度であったが、数日後の満開と最終化の美しい漆黒を期待し再度出向いてみました。

先日の下見より若干花穂を付けた感じであり、撮影には贅沢過ぎる程の素晴らしいロケーションを提供してくれた。花を撮りに来たのか、蝶を撮りに来たのかよくわからない日でもあった。
IMG_5869.jpg

クロツの個体数は多いのだが、残念ながら擦れ個体が大半であり、比較的鮮度の良さそうな個体を見極めレンズを向けることになった。
IMG_1856.jpg

IMG_2297.jpg

IMG_3354.jpg

擦れ個体が太陽光を真面に浴びると、クロツらしからぬ姿に変身してしまう。
IMG_6118.jpg

若干ピン甘ではあるがお気に入りの1枚。 背後のコンクリ護岸は、この産地の特色でもあり仕方ないことか。
IMG_3361.jpg

チェックしていたら面白い画像が飛び込んできた。これもピン甘であるが今まで捉えたことのない構図なので。
IMG_5101.jpg

護岸には人工排水口が至る所にあり、通過する際必ず様子を伺っており、恐らくこの中で羽化する個体がいるのだろうか。
IMG_1011.jpg

IMG_5023.jpg

開花のバラつきがあるみたいで、このツメレンゲには全く花穂がなかった。
IMG_24977.jpg

至る所に罠が仕掛けてあり、暴れ回る哀れな個体を偶然発見。主の忍び寄る前にそっと外すと元気よく飛び立って行った。IMG_54133.jpg

この秋はクロツ漬けになってしまったが、天候による様々な漆黒の捉え方や構図の設定などをこの小さな蝶から沢山学んだ。来年は初々しい第1化目と、民家の石垣を舞う姿を観察してみたいですね。
IMG_3348.jpg
EOS1DX EF24mm F1.4L ll USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

こちらのツメと違いとても綺麗ですね。
黒系は鮮度ですから、そのお気持ち良く分かります。
これでピン甘?ですか…私なら上出来ですよ。
3枚目の画像は迫力ありますね!

No title

こんばんは
タイトル通りの素晴らしいロケーション
このツメレンゲを観たら確かに蝶より花かな
肖りたいですな・・・こんな素敵な花に

吉井貴志さん
コメント、ありがとうございます。
ツメレンゲは大きさも色彩も地域によって様々らしいですよ。
4回目のチャレンジでしたが、今回は残念ながら末期個体でした。
3枚目は肝心な花が入れば良かったのですが…相手任せの構図ですかね。

Smash-12さん
コメント、ありがとうございます。
タイトルお世話になり感謝です。
ロケは最高でしたが、主役が今一でしたのでまた来季への楽しみが一つ増えた感じです。
来季は少しお花も撮ろうかと思います。

No title

こんにちは
ここのクロツは幼虫をごっそり採集した輩がいたようで、今年はだめかなと思っていましたが、無事発生が継続しているんですね。
いつもながらの見事な飛翔、花も適期なようで素晴らしいです。

ダンダラさん
コメント、ありがとうございます。
ごっそりですか…困ったものです。単なるコレクションとして同ラベルを多数ドイツ箱に並べ優越感に浸ることは止めてほしいですね。風前の灯火状態にならぬよう絶滅危惧種として地域規制をかけるべきと思います。
お花も適期に遭遇するとついつい蝶撮影が疎かになってしまい、この日は咲き誇るツメレンゲの鑑賞に出向いたって感じでもありました。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
カウンター カウンター
QRコード
QR