ルーミスシジミの舞 11月中旬

Category : シジミチョウ科
今までにルーミスシジミとの出逢いは幾度かはあったのだが、なかなか接写をするチャンスに恵まれず、何時も豆粒大ほどの証拠写真的な存在でしかなかった。この時季になるとやはりルーミスブルーが恋しくなり、運が良ければ間近でと思い、そして、久しぶりの再会を期待し出かけてみました。
今回は、「たかがヤマト、されどヤマト」の、otto-Nさんとご一緒させていただき、とても楽しく有意義な遠征となりました。到着後、予報に反し晴れる兆しが一向になく肌寒い。そして台風や大雪の影響で山肌が崩れ多くの倒木が横たわる悲惨な現場を目の当たりにした。暫くすると薄日が射し始め近辺を探索するも、我々に対して糸トンボの嘲笑う姿がそこにあるだけであった。相棒曰く「環境変化が著しいので・・・トンボでも撮ろうか」って。しかし、これから始まるルーミス祭りを誰が予想したであろうか。個体数は少ないのだが、その少ない個体が入れ代わり絶え間なく「どうぞ、お撮りしてください」お披露目ポーズの連続には、呆れ返ってしまった。そして、撤収時までルーミスの姿は途切れることがなく、こんな体験は勿論はじめてであった。そして、環境変化にも影響なく、1頭目の眩い姿を確認できた時はホッした瞬間でもあった。

IMG_4374.jpg

IMG_4482.jpg

暫くすると4人のカメラマンさん達と合流し、その中には何度かフィールドでお逢いしたことのある嬉しいMさんの姿もあった。
IMG_4471.jpg

白く枯れた場所に上手く擬態する。ここは居心地が良いのか、なかなか離れる気配がなかった。
IMG_4811.jpg

やはり抑えておきたいのが飛翔だ。しかし薄暗い中に一本のスポット柱あるだけ。辛うじて捉えることができた画像が、この闇夜の舞踏会であった・・・来年の楽しみな改善課題がまた一つできた。
IMG_4647.jpg

IMG_5424.jpg

IMG_5308.jpg

IMG_5449.jpg

6人で探索するとルーミスの発見も早く、「あそこ!」「ここに!」「真下にも!」「まだ居るわよ~!」ってな感じで、カメラ片手に谷間の大移動が撤収時まで続き、昼食どころか、水分補給も忘れてしまうほどであった。これも撮影現場における一つの楽しみ方ですかね。
IMG_49766.jpg

この倒木にはよく留まり、恰好のポーズを披露してくれた。水路を渡り奥まった場所、夏場であればヒルがうじゃうじゃ居そうな感じだ。
IMG_5027.jpg

IMG_49577.jpg

IMG_5339.jpg

この個体は比較的長く至近距離でポーズをとってくれた。アングルを変えたかったのだが、5台のカメラが向けられるなか、周りには木々のひこばえも多く、下手に移動して飛び立たれたら皆さんに申し訳ないので、じっと我慢し嬉しい腰痛と戦っていた。
IMG_5112 (2)

IMG_5134.jpg
現地でお逢いしたMさん、Nさん、Sさん、Fさん、そしてotto-Nさん、本日は楽しい一時をありがとうございました。 
EOS7D EF70-300㎜ F4-5.6L lS ll USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

こんばんは
なんか涎の出るひと時だったみたいですね
因みに私は”らしき姿”を以前に目撃したに過ぎません
飛翔も色飛びしないルーらしさの水色が綺麗に出ていますね…流石です
最後の腰痛2枚は素敵ですね(笑)

No title

羨ましくご拝見。
飛翔姿のブルーがチラりと…憎い演出ですね!
無理して改善をしなくてもよいのでは
一度でもこのような状況に肖りたいものです。

No title

環境変化があったみたいですが、私も昨年、この場所(恐らく)で撮影しました。数回のチャンスでしたから、この記事を拝見すると羨ましい限りです。
ムラシとは違うこのグラデーションブルーが綺麗に表現されてますね。
特に最後の2枚なんてルーブルーそのものですね。お見事です。

Smash-12さん
コメント、ありがとうございます。
本当に素晴らしい光景を堪能しました。
正直申しますと、梢で開翅でも見られれば良いのかなと思い、望遠のみに頼ったことが大きな間違えでした。持参しなかった100マクロが撤収時まで悔やまれましたよ。光量不足の方が上手く水色を引き出せる感じで、明るい場所では色飛びが多かったです。飛翔はルーミスとムラシの識別ができない画像ばかりで、やはり肝心な翅裏を入れないとダメですね。このアングルだけは腰痛との戦いでした…まだ完治しておりません(笑)。

kさん
コメント、ありがとうございます。
何時もは豆粒撮りが精一杯で、飛翔を撮る余裕なんてなかったのですが
今回は沢山のチャンスを頂きましたので少し贅沢をさせて頂きました。
そして、暗さとの戦いは難しいですね。

吉井貴志さん
コメント、ありがとうございます。
今回は全ての面において状況が良かった思います。
水色は魅力的ですよね。
この2枚は動きのとれない場所で、枝の影が葉に入ってしまうのをさけ、横枝を背負ってのアングル維持は大変なものでしたよ(爆)。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
カウンター カウンター
QRコード
QR