スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も出向きます(その2)

Category : シジミチョウ科
清楚で飾り気のない素朴な色相に惹かれ、昨年は石積を舞うシジミチョウにどっぷりハマってしまった。 地色を美しく表現させる各種メニュー設定、特に露出補正の難しさを改めてこの漆黒から教わるものの、理想には程遠かった。風前の灯火状態にならぬよう、何時までもこの素晴らしい環境を維持させたいものですね。

AB1R542421.jpg
Manual : F4.5 1/4000 -0.3EV ISO250Auto

面白い構図です。
AB1R63752.jpg
Manual : F4.5 1/5000 +0.7EV ISO320Auto

確りと事前清掃したにも関わらず、何故か未清掃地を好みがっくりです。
AB1R41396.jpg
Manual : F4.5 1/4000 +1.0EV ISO250Auto

満開にはまだ1週間ほど早すぎました。
AB1R70669.jpg
Manual : F4.0 1/5000 -0.3EV ISO200Auto

今年はピンクの花穂と漆黒のコラボを捉えてみたいですね。
AB1R91451.jpg
Time value : F5.0Auto 1/1250 -0.7EV ISO250
EOS1DX EF24mm F1.4L ll USM   2014/09~10 山梨県  

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

「証拠写真」「作品」の相違が明確になりますな
ピン甘、露出不適、構図イマイチ…いつ見ても難易度の高い「作品」に驚愕
しております

No title

どれも臨場感あるすばらしい飛翔ですし、クロツの特徴を的確に捉えてます。
理想とする色彩表現はカメラの醍醐味でもありますよね。

今年は更にレベルアップした画像を楽しみにしております!

No title

西陣の蔵出し帯のようで、どこが欠点か判らないすばらしい絵が次々と出てきますね。
私はこのところマニュアル露出ですが、ISOオートという手がありましたか。
掃除をしなくても十分雰囲気のいい場所ですね。

Smash-12さん
コメントありがとうございます。
それはあまりにも過褒でしょうかね。
次回の掲載が遣りにくいですぞ v(^O^)v♭

MUSHIさん
コメントありがとうございます。
捉える度にまちまちな色彩なので、どの画像を標準に置いたらいいのか迷いますね。こればかりは好き好きでしょうからね。
個人的には淡い感じかな。
昨年はクロツのタイトルが一番多かったのですが、今年は更に多くなりそうです。懲りずにご笑覧頂けたら嬉しいです。

otto-Nさん
コメントありがとうございます。
お褒め頂き嬉しいです。
蔵出し献上逸品綴れ帯と解釈してよろしいでしょうか(笑)。
スルーしたボツ画像(ピンボケ除く)も、久しく見直すことにより意外な掘り起し
が出来るものなのですね…いつまでも未練がましく抱え込む性格なもので(爆)。
後翅の青班点が今年の課題になりそうです。
機種にもよりますが、ISOオート制御範囲(上下限)の設定ができますので、F、SS、EV
を固定し、ISOはお任せにしております。
ポイントが判りましたので、次回はその周りの掃除ですね。
今年もどっぷり予感です。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。