ミヤマセセリ 3月下旬

Category : セセリチョウ科
褐色に黄色紋を散りばめ、雑木林を軽快に飛翔する姿は春の到来を告げる可愛い使者のようだ。毎年この蝶の撮影に訪れているのだが、今年はどのような背景を入れてみようかと想像をするだけでも嬉しくなってしまう。どうしてもギフチョウの副産物となりがちではあるが、この一種を主体にじっくり追ってみるのも楽しい。

雌は前翅端の白色部が発達しており、飛翔中でも雄と判別ができるほどの美しさだ。

AB1R2977.jpg

こちらは雄。

AB1R9982857.jpg
                                                            

落ち葉に溶け込んでしまい視線を外すと意外とわからなくなってしまう。
AB1R0428.jpg

新緑時には真っ暗になってしまう雑木林だが、この時期は十分に日差しが注がれ明るい。
AB1R2028.jpg

昼過ぎには草花の咲き乱れる斜面を吸蜜に訪れる個体が多くなり、恐らく就寝前の栄養補給タイムなのであろう。この時間帯は比較的ゆっくりと飛んでくれる。
AB1R3533.jpg

AB1R4093.jpg

盛んに配偶行動を示していたのだが、交尾には至らず雄は飛び立ってしまった。
AB1R0935.jpg

春の麗らかな日差しをたっぷり浴び、斜面を行ったり来たり。
AB1R2486.jpg
EOS1DX EF24mm F1.4L ll USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

先日、私もミヤマセセリにチャレンジしましたが、とてもとてもでした(笑)
こちらでじっくりご拝見するのが良さそうです。
背景が適度にぼかされており、黄色紋の彩度ある美しさがうまく表現されていますね。
確かに新春の雑木林を舞う使者です。

No title

おおっと、これは見事な飛翔写真ですね。
シーズンが終わらないうちにミヤマセセリの生態写真にもチャレンジしないとと思っているのですが、偶然の交尾以外にはきちんとミヤマセセリに向き合っていません。
飛翔はほんとに難しいですが、これだけ見事な写真を拝見すると、チャレンジしてみたいなと言う気がしてきます。

MUSHIさん
コメントありがとうございます。
ミヤマセセリはこれから数も多くなりますので是非、再チャレンジしてみて
下さいね。ご自身で撮られた飛びの世界を覗きますとまた視点が広がると思いますよ。
ここ時期の風物詩ですから夢中になりますね。

ダンダラさん
コメントありがとうございます。
お褒め頂き、嬉しいです。
偶然にも地面で絡み始めましたので、この日は珍しくカメラを2台持参しておりまして
生態交尾でもと期待したのですが、見事にふられてしまいました(笑)
好きな場所で、好きな蝶を無心で追い掛けることにより何故か、幼少期に戻った錯覚に
とらわれます…でも現在では大変な疲労の蓄積ですよ(笑)
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR