ツシマウラボシシジミなど 7月下旬

Category : シジミチョウ科
絶滅危惧種であるツシマウラボシシジミの環境整備と人工繁殖のブログを拝見し、私も蝶の温室に出向いてみました。冬場には数回訪れたことがあるのだが、この時期の温室は初めてであり、15分撮影しては退室せざるを得ない壮絶な暑さであった。

放蝶されてから既に数日経過してるため、裏翅の黄色ラインは擦れていた。
AB1R9181.jpg

薄暗い木陰をチラチラ舞う姿は極小アブを思わせるサイズですね。
AB1R5946.jpg

AB1R6966.jpg

AB1R6351.jpg

AB1R4133.jpg

AB1R1458.jpg

AB1R5940.jpg
保全活動をしていただいてる皆様には心から感謝を申し上げます。現地における環境整備が整い、再びツシマウラボシシジミの舞が見られることを祈ります。



蝶の温室から自宅までは環七を利用すると25分程だが、帰りは少し遠回りをして久しぶりの地元都立公園に寄ってみた。ゴマダラチョウが見られればと思ったのだが・・・。

AB1R5387.jpg

なんだかんだ問題もあるけど個人的には大好きな蝶だ。

AB1R2222.jpg

数年前には沢山のゴマダラチョウやコムラサキが飛び交っていたのだが、本日は1頭も見ることが出来なかった。
AB1R3279.jpg

EOS1DX EF17-40mm F4L USM EF100mm F2.8 MACRO USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

こんばんは。
ツシマウラボシシジミの撮影、大変そうですね。
暑い真夏に温室で撮影することは、修行に近いものがありますね。
でも、悪条件の中でも一定の成果をあげられているところが凄いですね。
春にアカボシゴマダラの撮影しましたが、
夏型の方がきりっとしてますね。
赤と黒と白のコントラストが美しい蝶ですね。
版画作品のモデルとして、ぴったりです。

kazenohaneさん
コメントありがとうございます。
お褒め頂き嬉しいです。
猛烈な暑さの温室は初めてで、最初は出たり入ったりの繰り返しでした。
でも慣れって怖いですよね、その後1時間弱居座ってしまいましたよ(笑)
狭い範囲をチラチラ飛んでくれましたので、撮影はそれ程難しくはありませんでしたが
きれいなブルーを写しこめないことが悔しいですね。
黒化型はコントラストが美しくどこを舞っても画になりますよね。
木版画づくりの「創作ヒント」を掴めた時は、写真撮影とは違う醍醐味があるのでしょうね(^o^)/
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR