ツマグロキチョウ Ⅱ 10月上旬

Category : シロチョウ科
ツマグロキチョウは発生初期に多く見られる上翅尖端部の黒班紋が筋状になる「部分欠落型」と全く黒班紋の欠落してしまう「無紋型」がある。今回は個体数が比較的多かったので、偶然にも完全なる黒班欠落個体を観察することが出来ました。画像の黒班退化型は全て同一個体です。

キタキチョウの雄雌型と思い、喜んで撮影していたものの途中でモニターを確認すると、左翅先端部が伸びきれない羽化不完全個体のツマグロキチョウでした。
AB1R6373.jpg

今度はセンダングサに一見それとわかる個体を発見した。色調が淡いので最初はキタキチョウの雌かと思ったのだが、取り敢えず慎重に連写。モニターで確認すると完全なる黒班退化型であった。
AB1R0529.jpg

無紋ですと違和感漂いますね。
AB1R1446.jpg

AB1R1572.jpg

AB1R0820.jpg

AB1R1902.jpg

AB1R2062.jpg
EOS1DX EF24mm F1.4L ll USM

Comment

No title

ご無沙汰しております。
kさん紹介で冷やかしに参りました。
ツグロ、相変わらず鋭い視点ですな。
この個体、懐かしいです。
それにしても飛翔撮影とは…凄い進化ですね。
私は現在、国産を卒業しボルネオにハマっております。

No title

おはようございます。
飛んでいるツマグロキチョウに黒斑がないのは、
確かに不思議な感じがしますね。
でも、飛翔のシーンを撮らないと確認できませんね。
個人的な好みですが、
やはり青空が画面に入っていると何となく、いいなと思います。
そろそろ、蝶のシーズンも終盤ですね。

No title

ついに探し物を見つけましたね。
裏も表もちょい開きもすべて撮影、素晴らしいです。
(私はこの楽しみのあることを忘れていました)

No title

これはすごいですね。
黒斑が少し退化したのは撮ったことがあるような気がしますが、完全に退化したのもあるんですね。
また、その貴重な1頭をきちんと飛翔まで撮影されるのはさすがですね。

関係ない話ですが、このブログ、いつもコメントを入れるのに、最初の方はどこから入れているのかなと不思議に思っています。

yuuminnさん
ご無沙汰です。
出掛けておりましてお返事遅くなり申し訳ございません。
現役続行と、凄いですね。
私は撮り専門になりましたが、時折、大宮・大手町を覗きに行きます。
GⅯは、ウラキン特集を購入したのが最後。
若くありません、ご自愛専一にお過ごしください 笑)。


kazenohaneさん
コメントありがとうございます。
出掛けておりましてお返事遅くなり申し訳ございません。
お褒め頂き嬉しいです。
部分欠落は飛んでいる時の認識は難しいのですが、今回の様な完全欠落ですと
直ぐにわかります。仰る通り不思議な世界ですね。
例えるならスジボスヤマキチョウの極小個体って感じでしょうか…勿論こんな小さいのは居ないでしょうが 笑)。
青空が入ると良いのですが、相手の動きについていくのが精一杯で、モニターを
確認したら青空が入っていたって感じです。
これからは越冬種の観察ですね。

おっとっとさん
コメントありがとうございます。
出掛けておりましてお返事遅くなり申し訳ございません。
お褒め頂き嬉しいです。
個体数が多かったので、もしかしたらって気持ちありました。
昨年は撮影できませんでしたので、今年出逢えてよかったです。
色飛びするのでモニター確認時に逃げられました。
でもちょい開きまで撮れて良かったです。。笑)
身近な蝶でもこのような楽しみ方がありますので、是非です。


ダンダラさん
コメントありがとうございます。
出掛けておりましてお返事遅くなり申し訳ございません。
お褒め頂き嬉しいです。
黒班が少し退化しても、エッ!って思いますよね。
ダンダラさんもお撮りになられましたか。
毎年同種撮影の多い中、班紋の変わった個体を見つけるとどうしてもハマってしまいます。
もう少し上から被せて全表翅を撮りたかったのですが、モニター確認中に逃げられてしまいました。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
カウンター カウンター
QRコード
QR