石積を舞うシジミチョウ Ⅰ 10月中旬

Category : シジミチョウ科
ツメレンゲの開花に合わせ、今年は漆黒の舞いをじっくり撮影できると思ったのだが…遠方から見渡すと石積の視界がよくなっており、残念なことに不吉な予感が的中してしまった。河原に到着すると草刈りされた直後で、比較的丈のあるツメレンゲは無残にも一緒に刈り込まれていた。それでも辛うじて難を逃れたツメレンゲは無事に残っており、肝心なクロツバメシジミの確認もでき取り敢えず一安心した。

ツメレンゲはまだ五分咲きであった。
AB1R5654.jpg

気温の上昇とともに沢山の個体が舞い始めた。鮮度の良い個体から破損個体まで様々だ。これが最後の化となるのでしょう。
IMG_9341.jpg

IMG_9349.jpg

交尾ペアに纏わりつく光景はクロツバメシジミの定番姿ですね。
IMG_9098.jpg

IMG_91937.jpg

IMG_9478.jpg

IMG_9324.jpg

数日前に初冠雪。平年より11日遅いとか。

IMG_9066.jpg

EOS7D EF100mm F2.8 MACRO USM

Ⅱへ続きます

Comment

No title

こんばんは。
平たいところにもツメレンゲが生えているんですね。
いつも急斜面でしか見たことがありませんので、新鮮な感じがしました。
河川敷は、草刈りされるリスクが確かにありますね。
複数の蝶が絡む写真は、見応えがあります。
あれれっ!飛翔写真がないなと思いましたが、
第2章でたっぷり出てくるのかな(^^♪

kazenohaneさん
コメントありがとうございます。
ここは平坦な場所と石積の傾斜面にツメレンゲがあるのですが、傾斜面の方は
見事に刈られてました。平坦な場所にあるツメレンゲは無事でしたが、撮影は屈みこむため腰痛に悩まされます。
そうなんですよ、次回は飛翔写真です(^w^)/
いやいやⅢまで続きますので、懲りずにご覧いただけたら幸いです…笑)
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
カウンター カウンター
QRコード
QR