スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石積を舞うシジミチョウ Ⅲ 10月中旬

Category : シジミチョウ科
素朴な漆黒に後翅の美しい青班列、他のシジミチョウにはない魅力でしょうか。黒系の撮影は天候による色調の良し悪しが大きく左右される。

AB1R6891.jpg

幾つもの個体がツメレンゲにやってきては飛び去っていく場所があった。枯れ葉などが覆いかぶさるために清掃し待機する。昨年はツメレンゲを清掃後、全く寄りつかずガックリしてしまったが、今回は数分間隔で石積から舞い降りてきた。産卵する様子もなく余程気に入ったツメレンゲなのでしょうね。
AB1R7440.jpg

ツメレンゲはまばらに咲いており、ピンク色の前で暫し待機すると比較的鮮度の良い個体がやってきた。
AB1R6134.jpg

AB1R6941.jpg

AB1R6925.jpg

石積の間に一株の花が咲いており、クロツが頻繁に訪れる場所があった。
AB1R8494.jpg

地面を接写するとこんな感じ。這いつくばる小さなツメレンゲや苔の緑もきれいです。
AB1R6559.jpg

周囲の環境に溶け込んでしまい、クロツにとっても防御効果があるみたいですね。
AB1R6653.jpg

AB1R6246.jpg

AB1R8454.jpg

AB1R7306.jpg

石積から離れ、草地に迷い込む個体も多い。
AB1R2312.jpg
EOS1DX EF17-40mm F4L USM EF24mm F1.4L ll USM

若干のツメレンゲは刈られてしまい残念であったが、多数の個体を確認することが出来でき一安心です。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

おはようございます。
黒っぽい岩を背景に、黒い翅の蝶は埋没してしまいがちですが、
ちゃんと浮き上がっていますね。
それに、蝶の影が岩に写り込み、蝶と岩の距離感が分かりますね。
飛翔する蝶と影、不思議な魅力を感じます。

kazenohaneさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
前後翅の外縁白帯が黒色をうまく引き立ててくれました。
蝶と岩の距離は10センチ前後です。比較的石積が高いので腕の届く範囲の撮影は楽なのですが、地上では屈みこむために直ぐ腰を遣られてしまいます(><);
影は狙って撮れるものでもないし、偶然写り込んだ岩の表情は魅力的ですよねp(^-^)q。


非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。