ヤマトシジミの低温期型 10月下旬

Category : シジミチョウ科
恵比寿在住のおっとっとさんから連絡を頂き、江戸川河川敷へヤマトシジミの低温期型を探索しに出掛けてみました。以前は土手沿いに幾つものカタバミの群落があったのだが、今回は飛翔撮影に好適な群落を見付けることが出来なかった。

到着して間もなく美しい個体が出迎えてくれた。
IMG_1652.jpg

AB1R1117.jpg

イヌガラシで吸蜜する個体を偶然発見し、この辺りは比較的多くの雌が舞っていた。「おっ!これはスーパー級だ!、う~ん、こっちはレベル3かな…いや、2にしておこう!」って声が聞こえる。被写体の色調や繊細なフォームをきっちりと表現する拘りには脱帽するとともに、見習わなければといつも感じますね。まあ、撮影はともかく、久しぶりに様々な談笑も楽しいものでした。
IMG_16844.jpg

身近でもっともよく見られるチョウの一つではあるが、飛翔撮影となると歩留まりが極めて悪い。
AB1R9908.jpg

AB1R9105.jpg

橙赤色の大きく広がる美しいベニシジミであったが、残念ながら表は撮れませんでした。
AB1R2955.jpg

盛りを過ぎたセイタカアワダチソウには沢山のウラナミシジミが舞っていた。
AB1R4411.jpg
EOS1DX EOS7D EF24mm F1.4L ll USM EF100mm F2.8 MACRO USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

1枚目のヤマトシジミはきれいな個体ですね。
鮮度も良いし、この時期のヤマトシジミならではの美しさですね。
ウラナミシジミはヤマトシジミ以上に飛翔速度が速く、撮影は難しいと感じます。
お見事です。

No title

こんばんは。
ヤマトシジミは、こんなに美しい蝶だったのかと再認識させるトップの写真です。
表翅の青色が目に飛び込んできました、スーパー級かなと思います(^^♪
ときどき、センダングサの花を訪れるヤマトシジミを眺めていますが、
こんなに美しい個体には、お目にかかったことがありません。
飛翔写真もピントびったりで気持ちのいい画像ですね。

ダンダラさん
コメントありがとうございます。
お褒め頂き嬉しいです。
1枚目のヤマトシジミは、つい見とれてしまうほどの美しさでした。
薄日状態でしたので、色飛びなく青色部を鮮明に捉えることが出来ました。
全翅も撮りたかったのですが、自分のもたつきアングルのため逃げられてしまいました(笑)。
ウラナミシジミは、飛び去っても再度同じ花へ舞い戻るために、比較的歩留まりは良かったほうです。

kazenohaneさん
コメントありがとうございます。
お褒め頂き嬉しいです。
身近にこんなきれいな蝶がいたの?って感じでしたよ。
青色は色飛びし易いので、薄日が良かったみたいです。
自分のオリジナル・スーパーブルーと認定しました\!(^o^)!
ヤマトシジミの飛翔撮影は大変でした…いまだに腰痛です。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR