師走のムラサキツバメ

Category : シジミチョウ科
今年も早いもので残り数日となりました。

この時期としては比較的暖かく、まだムラサツバメの開翅が見られそうなので恵比寿在住の相棒をお誘いし出掛けてきました。

ムラサキシジミ2頭含む30頭程の集団がマテバシイのほぼ目線の高さに形成されており、今シーズン最大の塊となっていた。
撮影し易い場所だけにどこから聞きつけたのかは知らないが、たくさんのカメラマンがこの越冬集団を取り囲んでいた。1人のカメラマンが、被る葉先をつまんだ瞬間全個体が飛び立ってしまうハプニングがあり、そのマナーの悪さを痛感した一面もあった。
AB1R1575.jpg

20℃を超える暖かさで、先日確認しておいた数か所の越冬集団は既に分散しており、真下にある山茶花にはいくつもの個体が吸蜜に訪れていた。AB1R8191.jpg

今年は例年になく個体数が多い感じで、このような集団が至る所で見られた。先月、観察した薄暗い環境が、現在では日射しがたっぷり注がれており大半の塒がなくなっていた。塒を持続するためには木陰をつくり、日差しを和らげるいくつかの条件が必要みたいですね。
AB1R3249.jpg

AB1R4742.jpg

AB1R2998.jpg

AB1R1320.jpg

昼間、分散していた個体群が、午後になるとポツポツ塒に舞い戻ってくる。片腕を延ばして目いっぱい背伸びするおっとっとさんの後から失礼して。
AB1R2162.jpg

マテバシイを梢から覗き込めるポイントがあり、枝先には沢山の個体が吸液に訪れていた。そのなかに比較的緩やかに舞う1頭の雄を発見し、ダメもとで飛翔に挑戦してみた。反射角によるものでしょうが、偶然にも納得する雄の美しい色調をやっと捉えることが出来た。
AB1R111555.jpg

この時期としては新鮮な個体が多く、12月に入っても羽化するみたいですね。
AB1R8484.jpg
EOS1DX EF70-300mm F4-5.6L lS USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

12月15日?

たぶん12月15日ですよね!
私は現役?会社員ですからポイントへは行けませんでしたが
12月で20℃は、最高の環境でよね! 
4枚目面白いです!
7枚目は、前景に良い物が写りましたね!傑作です。

hanaoyajiさん
コメントありがとうございます。
いやいや、その翌日でしたよ…笑)
先日ご案内して頂いた時よりも個体数は若干少なくなっておりましたが、様々な生態観察をすることが出来ました。
初めてのポイントでしたし、マテバシイ絨毯(梢)から狙えるのはとても魅力的です。
来年の3月以降は楽しみですね…お疲れ様です。
正面構図など、お褒め頂き嬉しいです。
意外なのものが写り込むことで、出来上がった写真は結構面白いものになりますね。

No title

こんにちは。
私も4枚目の真正面から捉えた飛翔する姿に魅せられてしまいました。
蝶の飛翔するときの表情さえ、分かるような気がします。
もちろん、美しい表翅の写った飛翔シーンも、
Favoniusさんならではの浮遊感があり素敵ですが。

kazenohaneさん
コメントありがとうございます。
お褒め頂き嬉しいです。
4枚目の真正面は躍動感漲る構図として、今年のお気に入り画像となりました。
そうなんですよ…その表情がお伝えできればと思い、いつも連写を繰り返しているのですが、同じ相手を撮影しているのに、一向に入らない現状…これが飛翔撮影の醍醐味でしょうか ^^;
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR