スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返って(クロマダラソテツシジミ)

Category : シジミチョウ科
クロマダラソテツシジミが2009年夏に都内で発生が確認され、「南国蝶」と題して、このニュースは新聞やテレビなどで大々的に報道されましたので、関心を持った方は結構多かったと思います。
臨海副都心周辺の遊歩道や公園そして神社仏閣などは植栽されたソテツが比較的多く見られます。仕事の取引先が品川にありましたので、手すき時にはソテツ探訪をしたものでした。私が確認した場所として港区のJR駅前公園と大田区の京急線裏手にある神社の境内でした。数本のソテツから発生しており何れも個体数が多かったです。この年は、千葉県や神奈川県でも生息が確認されました。進入経路は人為的放蝶か、または船舶か、今となっては懐かしい思い出です。

2009年9月下旬 東京 港区
IMG_8268.jpg

IMG_97901.jpg

IMG_9232.jpg

IMG_7733.jpg

IMG_9226.jpg

IMG_8263.jpg
EOS30D EF100mm F2.8 MACRO USM

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

懐かしい〜!

世間的には喜ばしくない訪問者だったのですが、蝶撮りの私達にとっては、不謹慎ですが歓迎ムードでしたね^_^;。美蝶ですよね。
この後、秋になると南方系の蝶の飛来がないか、気になって仕方ありません(^_^)。カバマダラのように!!
いつ見ても、ギフチョウ↓は美しいです。飛んでいても、どこに止まっても画になりますね(*^_^*)。

midoriさん
コメントありがとうございます。
本来なら喜ぶべきことではないのでしょうが、まるで宝探しでもするかのように、あちこちを探し歩き、見付けたときには跳び上がって喜んでいました。
秋になると、偏西風や台風などの季節風に乗ってやって来る南国蝶、とっても気になる時期ですね。
普通種であっても、これが迷蝶撮影の楽しみ方ですよね。   
midoriさんと初めてお逢いしたのはカバマダラの時でしたね\(^0^)
ギフチョウの舞う姿、今からワクワクしております…いよいよ来月に迫ってきましたね!                   

クロマダラソテツシジミ

こんばんは。
2009年に都内でクロマダラソテツシジミが発生したんですね。
こんな出来ごとはマスコミの格好のニュースになったことでしょうね。
名古屋市内で一昨年にムシャクロツバメシジミが発生し、生態の脅威とかで
名古屋昆虫同好会が音頭をとって、食草を一斉に除去したことが話題になりました。
そんな話をふと思い出しました。
こんな迷蝶を撮影できたら、嬉しいですね、同感です(^^♪
いずれにしても定着は難しい蝶ですね。

No title

2009年にもう都内にいたのですか!
私が初めて見たのは2008年12月、石垣島の川平公園でした。
高温期型、低温期型両方いたので、知らない蝶が2種も、と勘違いしました。
それにしても、雄雌とも綺麗な個体ですね。

kazenohaneさん
コメントありがとうございます。
この年の昆虫界トップニュースであったように記憶しております。
どの様な経路を辿り迷い込んで来たのかよく分かりませんが、某神社におきましてはソテツの前に看板が立てられる事態が起こり、樹皮をはがされ…困ったものでした。
レッテル背負う種であっても、ムシャクロツバメシジミは撮影してみたいですね。
クロマダラソテツシジミは都内での定着はなかったと思います。
迷蝶ってなぜか夢や冒険心を掻き立てるものがあるみたいですよね(^^;
 

fushiginomoriさん
コメントありがとうございます。
熱帯の蝶だけに当時は縁のない存在でしたが、このニュースを聞いてから探訪開始となりました。
この辺りのソテツにおおよその見当を付けたのですが見事に空振り、ぽつりとあるソテツで発生しており愕かされました。
確かに高温期型、低温期型ともに混棲しておりますと、別種なのかなって勘違いしてしまいますよね。
羽化直後で大半が鮮度の良い個体でした。

No title

NHK FMで「東京港区でクロマダラソテツシジミが発生し・・・」のニュースが耳に入った時の驚きは今でも覚えています。
ネットで調べて港区の公園を特定し、見つけることができた時は感激でした。
その後も神奈川で楽しませてもらいましたが、放蝶だとしたら一概に喜べないのが複雑なところです。

振り返りシリーズ、いいですね。

Akakokkoさん
コメントありがとうございます。
喜ばしい出来事ではなかったかもしれませんが、私もニュースを知ってからはしばらく迷蝶に対する撮影意欲を掻き立てられました。
でも、人為的な可能性が高いようですし、アカボシゴマダラやホソオチョウの例もありますで、是非ともそのような放蝶行為だけは謹んで欲しいものですよね。
振り返りシリーズ、ありがとうございます。
あの頃の面影が今よみがえる懐かしい写真を集めてみました。
もう1回だけ続きますので、楽しみにしていただけたらと思います… ^^;
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。