振り返って(クロコノマチョウ)

Category : ジャノメチョウ亜科
木漏れ日の差し込む林床をフワフワと軽快に飛翔する黒い蝶が目につき、ジャノメチョウと思いながらも近づいてよく見るとそれはクロコノマチョウだった。接近を感知してすぐ飛び立ってしまい、少しオーバーな言い方かもしれませんが、至近距離に近づいて撮影することさえ永遠に不可能なのではないかと思えるほどの敏捷性。昼間あれほど敏感にすぐに飛び立っていた個体も気温が低い日には活動が鈍るようで、やっとギリギリまで寄って撮影することができました。地味な蝶ですが 裏面の色調が個体ごとに様々な変異を見せたり、前翅の先端にある大きな赤い紋はとても魅力的です。
ここは自宅からほど近い公園で、面積が約81.7万m2もある都内で唯一の水郷の景観をもった自然公園。
蝶の写真を始めた頃、自然公園のクヌギの樹液に群がるコムラサキやゴマダラチョウを撮影中に、大きな黒い蝶が飛び回る姿を何回か目撃したことがあった。今思い返すとクロコノマチョウだったのかもしれません。
今年の秋は久しぶりに、レンズ越しに見るクロコノマチョウと向かい合ってみようかと思っております。

2008年7月下旬
IMG_7709.jpg

IMG_7331.jpg
EOS30D EF100mm F2.8 MACRO USM

2009年10月中旬
IMG_0172.jpg

IMG_0575.jpg

IMG_0534.jpg

IMG_8627.jpg

IMG_7382.jpg
EOS50D EF100mm F2.8 MACRO USM EF-S17-85mm F4-5.6 lS USM 

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

こんばんは。
なかなか思うように撮影させてくれない蝶のひとつですね。
いつも暗いブッシュの中に逃げ込まれ、それきりです。
このように、きっちりと撮影された姿を拝見すると、
なかなか渋くて味わい深い蝶ですね。
翅の質感描写が素晴らしいです。
暗い場所で飛翔を撮影するのは、さぞかし大変では?

kazenohaneさん
コメントありがとうございます。
落葉樹の混じった比較的明るめな疎林でしたので、蝶を見失うことはなかったのですが、撮影は一苦労も二苦労もありました。
蝶撮影を始めた頃の大切な写真ですし、とても愛着があるんですよね…嬉しいご感想をありがとうございました。自分の写真の傾向や、どういう写真を撮っていたのかなど改めて自分の写真に向き合え、とても良い機会だったと思います。
ISO感度を上げて低速シャッターを使っての撮影でしたが、今年はもう一度チャレンジしてみようと思います。

No title

クロコノマチョウの表の模様は綺麗なんですね。
この蝶の翅表の写真は、飛翔中でないと無理だと思っていました。
最近、近くでは見かけていませんが、
夕方観察に行かないことが原因かもしれません。

fushiginomoriさん
コメントありがとうございます。
地味な印象を持つ蝶だけに、表の輝くような濃い赤い斑紋は魅力的な色調ですよね。
さくら樹幹に静止する個体が偶然にも半開翅をはじめましたが、シャッターを数回切った瞬間飛び立たれ悔しい思いをしました^^;
当時はズームレンズの持ち合わせがなかったもので、撮影は前進と後退の繰り返しでた。
昼間は活動が低下し、夕方日が沈む頃に最も活発に飛び回る感じですね。                         

非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
カウンター カウンター
QRコード
QR