ギンイチモンジセセリなど 4月中旬

Category : セセリチョウ科
春型のギンイチモンジセセリは、裏面の”銀一文字”がくっきりと現れて美しいセセリチョウです。昨年よりも若干早めに(16日)多摩川の河川敷へ出かけてみました。昨年は炎天下の中を3日間通い詰めましたが、今年は半日あれば十分でした。

到着して間もなく枯れ野を小刻みに翅を震わせながら弱々しく飛ぶギンイチモンジセセリを発見した。気温が低いせいか直ぐに日光浴を始めます。発生初期の様子で、大半が鮮度の良い個体だ。
IMG_5850.jpg

このセセリチョウを撮影しているとよく質問されることがあります。「これ、蛾ですか・・・」と。確かに蝶に関心ない方が観ると、 飛び方ひとつをとってみても、蛾に間違えられやすいでしょうね。
AB1R4016.jpg

IMG_5684.jpg

AB1R2948.jpg

その鮮やかなる色彩美は、まさに魔法 のような美しさ、といえると思う。

IMG_5645.jpg

AB1R2886.jpg

枯れ野を離れしばらく緑地で探雌行動する個体も多く見られました。草花が咲いていれば吸蜜するのだ

ろうが、今回は撮影できませんでした。
AB1R4035.jpg

もう一つのお楽しみはこの河川敷でギンイチモンジセセリと一緒に観察できるミヤマチャバネセセリです。どこでも個体数は減少しているそうですが、多摩川の河川敷では比較的多く見られます。枯れたス

ゲやヨシが横たわる斜面にテリを張っていることが多く、1頭飛び立つとスクランブル発進を繰り返します。
IMG_5720.jpg

AB1R4948.jpg

枯草をガサガサと歩くとその存在がわかるものの、飛び出さなければなかなか見つけることが出来ません。枯草に完璧にとけ込んでしまうレベルの擬態です。

IMG_5760.jpg

特徴でもある後翅裏面の中央にある大きな白斑紋は魅力的ですね。
IMG_5860.jpg

AB1R5474.jpg

絡んだ瞬間、あっという間に交尾が成立 した。
IMG_6008.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

ギンイチモンジセセリ

こんばんは。
ギンイチモンジセセリの季節になりましたね。
今回、気になる素敵な飛翔シーンは、自転車に乗った人物が背景に入っている写真です。
この絶妙なボケ具合は、主役の蝶の邪魔にならず、それでいて何か分かるところがいいですね。
黒い表翅がとても美しいです。
多摩川の河川敷も、まだまだ自然度の高い場所ですね。

kazenohaneさん
ギンイチモンジセセリを見かけますと、季節は春から初夏へと一気に駆け抜けていきますよね。
お褒めのお言葉ありがとうございます。
全体のコントラストにバランスを持たせ、背景の色合いやボケ具合も主役を引き立てることが出来ました。
レンズは単焦24mm、f1.4、最短撮影距離15cmです。
恐らく今年のベストショットに入るんじゃないかなと思っております^^;
多摩川は上流へ行けば自然度の高い河川敷があるのですが、下流では運動場やゴルフ場に開発され生物も減少しつつあります。

非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR