サツマシジミを求めて 南紀 10月中旬 その2

Category : シジミチョウ科
海岸沿いで会った何人かの採集者によると、昨年は大豊作、今年度は台風の襲来や大雨が相次いだこと等、 天候不順による影響で不作とのこと。確かにサツマシジミの個体数はそれほど多くはなく時々飛び出す程度であったが、撮影に関して言えば十分すぎるくらいだ。午前中はどうしても太陽光の乱反射による強い日差しがまともに入ってしまいその大半が白飛びして写っていた。午後になって時々薄雲が通過していたので薄雲が多くなった頃を見計らって撮影を開始です。

チラッと見え隠れする淡いブルーに白班紋、それが透過する、本当に美しいシジミチョウです。
1DX_8586.jpg

飛び交う姿は比較的素早い感じでもありましたが、セイタカには全く留まることなく好物のセンダングサを見つけると花の周りを緩やかに飛び回る習性があるみたいです。気に入った花にはすぐに留まりますが、お好みでないといつまでも行ったり来たりします。神経質なところがあるのかもしれませんね。
1DX_8097.jpg

正面姿を意識して狙いましたが、表翅独特の白班が見えませんと写真的には普通のルリシジミです。
1DX_7265.jpg

晴天時の強い光とは異なり、 曇天時は柔らかく回る光のため、しっとりとした美しい色を引き出せる感じですね。
1DX_8025.jpg

午前中は 散々撮影を邪魔されましたが…何だろう…えっ?って感じ、天候にもよるのでしょうか?この時間帯(3時過ぎ)は不思議とヤマトのおとなしいこと!
慣れてくると飛翔中でも他種との見極めは比較的簡単で、全てのブルーがサツマに観えてしまうこともなくなりました。
1DX_8067.jpg

ヤクルリもサツマ同様に午後になると就寝前の栄養の補給をするのか、センダングサの周りを緩やかに飛び始めました。気に入った花の前では盛んにホバを繰り返します。
1DX_2301.jpg

破損した雄にちょっかいを出しております。こんな姿は観ているだけでも楽しいものですね。
1DX_1271.jpg

個体数が十分多いため鮮度の良さそうな個体を撮影してみました。
1DX_2386.jpg

1DX_7839.jpg

1DX_7826.jpg

1DX_7485.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

確かに雲が出ると色飛びもなく、サツマのブルーがきれいに出ますね。
ただ背景がどんよりしてしまうので、蝶が飛ぶはじけるような明るい雰囲気が出ないのが残念な気がします。
やクリルはこうしてみると、ブルーの縁取りがくっきりしてきれいな蝶ですね。
どちらも関東では撮れない色合いの蝶で、出かけられた甲斐がありましたね。

No title

やはり続きには飛翔写真があったのですね。
曇天にも拘らずクリアに撮れていてとてもきれいです。
ヤクルリはすばしっこい蝶という印象で飛翔なんて思いもつきませんでしたが、
吸蜜では緩やかに飛ぶ事もあるんですね。
サツマシジミもヤクルリも、いかにも南国らしいブルーで本当に素敵です。
私もいつかまた訪れてみたくなりました。

No title

おはようございます。
あれっ、飛翔写真がないなと思っていましたら、
ちゃんと撮影されてましたね。
小さなシジミの飛翔を捉えるのは大変かと思いますが、
さすがに、ピシッと写ってますね。
止まっていると白い裏翅だけですが、
飛んでいると、青い表翅が美しいですね。
サツマシジミ、ヤクシマルリシジミの違う魅力が見えて楽しいです。

No title

背景が薄曇りでも、サツマシジミのブルーはきれいですね。
ど素人な質問ですが、それぞれ蝶には
気に入っている“花”ってあるんですか?

ダンダラさん
ありがとうございます。
仰る通りです。サツマの淡いブルーは出るのですが、周りの景観がくすんでしまうのでなかなか望んだ鮮やかさにならず、今後の課題として強く感じたところでもありました。
ヤクルリの縁取り、くっきりハッキリ際立たせたブルー本当にきれいですよね。
普段あまり遠出はしないのですがこの時ばかりはサツマに身も心も奪われ、熱中してしまいました。(笑)

naoggioさん
ありがとうございます。
いやいや月数回程のぼちぼちブログ更新ですもので、遠征時はできるだけ長く引っ張ってしまおうかと。(笑)淡い色調の撮影は本当に難しいですね。
昼間は素早いどころか、目で追うのも大変なんですが、夕刻になると飛び方は、サツマほどしっかりしてなくて、あっちいったりこっちいったり 、踊っているように見えます。
南国ブルーにどっぷりとハマってしまいました。
南国独特の雰囲気が漂い、食事も美味しくとても良いところです。

kazenohaneさん
ありがとうございます。
グリップストラップを使用してるのですが、最近は手首に力が入らないため握力も落ち、カメラごと滑り落ちてしまうこともあるんですね。そろそろ飛翔撮影が難しくなってきております。自己流ではありますが片手撮り本当にきついです。
飛翔中のチラッと見えるブルーこれがたまりませんよね。言い訳がましいのですが、表翅全面は撮れてはいるのですが、見事な真っ白飛びでした。(笑)
両種の異なるブルー、たっぷりと堪能することができました。

天せいろさん
ありがとうございます。
サツマシジミは今年の課題でもありました。ため息が漏れるほど美しいブルーですよね。
蝶にも好みのお花ってあるんですねぇ~ 天せいろさんも美味しいお蕎麦屋さん選びに困ってしまう事ってあるでしょ…それと同じなんですねぇ~(笑) 

No title

サツマシジミは色合いも、斑紋も独特で・・・、
来年のリベンジを早くも決めてしまいそうです。
ヤクシマルリシジミの深いブルーもとても素敵です。
さすがの飛翔風景ですね。
やはり、センダングサを探さないといけないのですね。

fushiginomoriさん
ありがとうございます。
関東では観ることのできないこの独特な白班紋は憧れますよね。 
守備範囲が遠方に広がってしまい、毎年の恒例行事となりそうですし少し怖い気もします(*^^* ) ヤクルリの縁取りと濃いブルーこれがたまりませんね。
吸蜜源はてっきりツワブキかと思っていたのですが、まだ蕾の状態で残念でした。
初見でもありますし、また、多くの個体を観ていないのでなんとも言えませんが、fushiginomoriさんがお撮りになられたイタドリ?とセンダングサの混生しているような環境が良さそうですね。この日の軍配はイタドリでしたが。もう一つの吸蜜源は恐らくビワの花と思います。 樹高が高く証拠写真は撮れませんでしたが、間違いなくサツマのような感じです。望遠レンズを持参しなかったことが悔やまれました。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR