春は気まぐれ 1月下旬

Category : シジミチョウ科
日本の東海上の低気圧に向かって南西から暖かい空気が流れ込んだ影響で、30日は関東沿岸を中心に記録的な暖かさになった。千葉県では午前11時すぎに20℃となり、4月中旬~下旬並みの陽気となった。

今年に入って見つけたムラサキシジミの生息地です。場所が街道沿いにあるため、うっかり気付かずいつも素通りしてしまっていた。ここはムラサキシジミ、車道を挟んで反対側にはムラサキツバメが多い。
環境はそれほど変わらないのですが、それなりの知識を持って相当な観察を積まないと正確なところは分かりませんが、もしかすると両種の棲み分けがあるのかもしれませんね。
1DX_7000.jpg

この暖かさに誘われて冬眠から覚めた個体が歩道沿いをたくさん飛び交っていました。そのすべてがムラサキシジミです。
1DX_2254.jpg

前からこんなシーンを一度は撮ってみたいと思っていましたが、 ようやく。
1DX_2196.jpg

スクリーン端からフレームアウト寸前でしたが、自分では結構お気に入りの1枚となりました。
1DX_6745.jpg

雄のメタリックなヴァイオレットの輝きは神秘的でもあり、見ていて飽きのこない美しさがあります。
1DX_4572.jpg

すでに花びらが少し枯れた状態でしたが、吸蜜している姿をあちらこちらで見ることができました。
1DX_3273.jpg

1DX_3398.jpg

1DX_3452.jpg

1DX_58122.jpg

吸汁中の個体に関しては、開翅しないと思ったけど…。
1DX_6671.jpg
比較的きれいな個体が多いため、新生蝶が発生するまでもうしばらく楽しめそうですね。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

フレームアウト寸前の4枚目と、
私的には5枚目がとても素晴らしいですv-212
「飽きのこない美しさ」の表現通り、
相方と見入ってしまいました。
綺麗な色ですねぇ・・

No title

暦の上では立春も過ぎ、蝶好きの人にとっては、
待ちに待った季節がやってきますね。
今年もまた「目の保養」させて下さい。

天せいろさん
コメントありがとうございます。
4枚目は三脚でカメラを固定し、任意の所にピンを置き通過するタイミングに合わせてレリースを切ります。
撮ろうと意図していたものとは少し違っておりましたが、偶然にこんな写真が撮れたときが本当に嬉しいですね。

赤和飲党さん
コメントありがとうございます。
暖冬の影響で来月から忙しくなりそうですね。
ぜひご覧いただけたら嬉しいです(*^_^*)

オールシーズン蝶ですね♪

今度は、17日?18日?ですか。
入れ込み過ぎて飽きが来ないようにしてください!p(^-^)q

hanaoyajiさん
コメントありがとうございます。
こんな光景、今まで観たことがあっただろうか・・・凄かったですねぇ~!
次回はもう少し心を落ち着けて、入れ込み過ぎずに楽しもうかと思います(*^_^*)
週末、お越しくださいますよう心よりお待ち申し上げております。

No title

三脚固定でしたか!ボケがきれいです。
ムラシは少々寒くても飛び回っているようですね。
(スキー場の雪が降りやみ晴れる日を待ってます)

otto-Nさん
コメントありがとうございます。
いいかげん握力や腕力も限界ですし、今回は三脚を使用してみました。
でも、飛び込んでくるチャンスが意外に少なく待機時間帯が長いのはかなりの苦痛でした。
往来が多く皆さんじろじろと(笑)。
月末の新生蝶が楽しみですね!

No title

良い観察場所を見つけられて今後の楽しみが増えましたね。
ムラシとムラツの住み分けの可能性は面白そうですね。
生えている樹は、アラカシ、マテバシイともに両方に差はないのですか。

ダンダラさん
コメントありがとうございます。
実はこの場所、環状線など激しい車の往来による地響きが絶えることなく続いておりまして、えっ!何でこんな場所に?って感じでした(笑)。
ここは日差しを遮るものがなく、ほぼ一日暖かい太陽光が注ぎ込み、日が当たり過ぎると体温の上下もあると思いますし、越冬場所としてはどうなのか少し気になっておりました。反対側のムラツ生息地はピーカンの日向よりも午前中だけ日が差し込む場所や木漏れ日が差す半日陰が多く、もしかすると両種間には生息適温が大きな限定要因となっているのかもしれませんね。生えている樹はどちらもほぼ同じ樹齢だろうと思われるアラカシ、マテバシイでかなりの部分を占めております。ムラシ側にはウバメガシが若干多く、枝の分岐点等に引っかかった枯れ葉などを良い塒としております。
時期的に難しくなりますが、今後観察は継続していきたいと思います。

No title

ムラサキシジミ、雌雄の色の対比がとても綺麗ですね。
まだ越冬の途中なのでしょうが、この時期にこんなに綺麗な個体が見られるのが不思議です。
春一番が吹き荒れましたが、今年の天候は難しそうですね。

fushiginomoriさん
コメントありがとうございます。
この状態がしばらく続きましたので、同じシーンを何度も何度も撮りなおしをして納得が行くまで撮影をしました。撮影時の協力に感謝です(笑)。
鮮度の良い越冬個体がたくさん見られるなんて本当に嬉しいですね。
春一番が吹けば、春ももうすぐ。そう考えると嬉しいようにも思えますが、春を告げる風はそう甘くないようですね。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
カウンター カウンター
QRコード
QR