ミドリシジミの卍巴飛翔

Category : ゼフィルス
 天候や気温にも大きく左右され、薄曇の日は通常より若干早めの卍が始まり、時間の経過に伴い多くなってくる。開始時間帯では足元まで絡みながら降りてくるが、その後はハンノキの梢に移動してしまう。他の個体が入り込むと卍は分散傾向にある。



IMG_3734.jpg

IMG_4550.jpg

肉眼では確認できないが、接近戦での凄まじいバトルだ。

IMG_3118.jpg

チャンスは何度もあるのだが、開翅2頭をジャスピンで入れるのは難しい。

IMG_3114.jpg

IMG_4953.jpg

翅裏の茶褐色姿も美しい。

IMG_4300.jpg

IMG_3900.jpg

IMG_8874.jpg

IMG_3066.jpg

有り難う御座います
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

「バトル」と言うことは、戦っているのですか?
素人なもので、こんな所に反応してしまいました。
羽の色がビロードのようで、とても綺麗ですね。

No title

ミドリの躍動感がたっぷりと表現されてます。
う~ん・・やはり飛翔態は魅力的です。
好みは、最初と最後。

No title

遊び半分で卍を300ミリ、MFで追っていたら、意外にもピンが入るのがありました。卍のときは2頭がホバリングに近い状態なので、ピンが合ったのかなと思ってますが、簡単ではないでしょう。暗さとの戦いでもありますね。いとも簡単に撮られているFavoさんはすごい!

KOTOさん、この種は縄張り争いをしますので卍バトルと呼んでいます。
西日が傾く時間帯は壮絶なバトルの開始です。
立体鱗粉なので飛翔角度により様々な色彩に写りますね。

MUSHIさん、この躍動感がたまりませんよね!
でも、これを撮るのに随分と通いましたよ(笑)。
日増しに卍が降りる確率が低くなり、持続性も短かったですね。

鍵コメさん、来年の課題ですね・・有り難うございます。

千葉の鍵コメさん、有り難うございました。

otto-Nさん、お褒め頂き有り難うございます。
様々なレンズで試しましたが、望遠ズームでのMFが一番良かった気がします。
一時は卍の数塊が胸元まで落下し、100マクロ持参もしましたが・・見事に
一塊の落下もなくがっかりとした日もありました。
おっしゃる通りの、後は暗さが迫る時間との勝負ですね。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR