第二部 キタキチョウの求愛飛翔

Category : シロチョウ科
 モンキチョウの求愛飛翔は雌が雄を追い駆けるパターンが多いのだが、キタキチョウの場合には決まりごとはなさそうだ。雌の破損個体に関して雄の反応は著しく鈍く、仮に遭遇しても分裂は早い。双方の鮮度が良い場合は絡みつく時間帯も長く、モンキチョウのような緩やかな飛翔は見られず、互いに方向の定まらない高速飛翔を繰り返す。稀に緩やかな飛翔を繰り返す場合は、共に擦れ褪せた個体か、雌の交尾済み個体の時であった。画像は緩やかな雰囲気ではあるが、実際は猛スピードで追い掛け回す姿である。クリーム色が雌。


IMG_3811.jpg

IMG_0148.jpg

レンズがチョウのスピードに追いつかず、振り回し撮りで偶然に双方の翅裏姿が入った。
IMG_3000.jpg

極小中間型個体で、大きさはウラナミシジミ程度。新鮮な雌で色調はシルバーに近かった。
IMG_6090.jpg

夏型の雌に中間型の雄が追いかける。共に色褪せた個体で、飛翔は緩やかであった。
IMG_6100.jpg

この個体はジグザグ飛翔を何度も繰り返していた。
IMG_6403.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
カウンター カウンター
QRコード
QR