緊急 キタキチョウの雄雌型

Category : シロチョウ科
知人よりコムラサキが大発生していと連絡を頂き、台風一過の快晴日に出掛けてみると、翅音が響き渡る程の個体群がヤナギを舞っていた(この件は何れ掲載予定)。ここから徒歩で数分の場所に、キタキチョウにハマった群生地がある。先日の台風でかなり増水あとが見受けられ、水は引いたものの先日のようなキタキチョウが乱舞していた面影はなくなっていた。それでも時折おり黄色が舞う姿が目につき、その中に、若干緩やかに舞う個体を発見した。良く観るとそれは何と雄雌型であった。開翅を拒む種のため、チョウには申し訳ないが撮影に少し協力してもらった。左翅は雌、右翅は雄の色彩で、雄がモザイク状(裏翅も)になっており、同体か異体かは定かではないが凹凸斑紋から想定すると恐らく雌の生殖器官を備えている可能性が高い。  画像は全て同一個体


IMG_9118.jpg

IMG_9049.jpg

IMG_9056.jpg

IMG_9417.jpg

IMG_9435.jpg

IMG_9448.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

これは凄い!凄すぎますよ。
飛翔撮影の特権ですね。
貴重なキチョウ画像を拝見させて頂きました(笑)。

No title

キタキチョウの雄雌型はあまり知られてませんよね
驚きました
でも、一回のチャンスを確りとものにしますね
流石です

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

雌雄型は飛翔写真でしかわからないですね。よく見つけました。さすがです。曇天でなくても、1枚目は色がとばずに黄色が良く出ていると思います。

葛飾の鍵コメさん、奇形っていうか異常型ですね。
その通りです・・自然界には不思議なことが多く存在します。

MUSHIさん、黄系の完全分離は初めて知りました。
昔(京浜時代)の記録では、ミヤマモンキチョウのモザイク型が発表されていましたが
これは部分的な変異色彩でした。

Smash-12さん、雄雌型を観たのは初めてでとても驚きましたよ。
なんか変な違和感がありましたが。
無我夢中でシャッターを切りましたが、ピン合いは数枚です。

千葉の鍵コメさんへ、清々しい秋です・・沢山のチョウを撮って下さい。

otto-Nさん、発見は偶然で、飛翔姿からちょっと変だなぁ・・と思いつつ近寄ると完璧な
雄雌型でした。先日、沢山追いかけた余韻が残っているのか、どうしても黄系に対する
拘りを持ってしまい納得色でないとダメですね。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR