晩秋の宝石

Category : シジミチョウ科
ヤマトシジミ(雌)の低温期型が、美しい青鱗を靡かせる季節となった。夏場の翅表は真黒だが、秋に発生する個体から若干の青鱗を散りばめた色彩に変化し、さらに晩秋となれば青鱗が翅全体に広がり美しいブルーに変化する。また、個体による青鱗の強弱度が違うため、飛翔時に大まかな色調確認もできる。晩秋の身近な草原で、美しい宝石探しも面白い。


この場所は、イネ科植物が生い茂る斜面を飛び交うため、被り画像が多くなり撮影には苦労させられる。
IMG_9818.jpg

かなり小型の個体だったが、ブルーがうまく入ってくれた。
IMG_4764.jpg

#1の個体で翅裏が真黒になってしまったが、表のブルーがチラッとのぞく姿は美しい。
IMG_9502.jpg

この季節は雄も美しい。
IMG_7034.jpg

反転姿の翅裏も画になる。
IMG_5882.jpg

昨年はカタバミが沢山咲き乱れていたが、今年はイネ科植物に覆われてしまい、残念ながら黄色に絡む姿は撮れなかった。
IMG_5169.jpg

雌を見つけたら急いで撮影しないと、雄に追い掛け回され直ぐに見失ってしまう。右が・・・雄。
IMG_9249.jpg

IMG_0255.jpg

夏型に近い暗化個体で、前翅付け根には若干の青鱗がみえる。
IMG_7830.jpg

暗化の同一個体。
IMG_7262.jpg

IMG_6002.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

お見事です!
この小さなシジミをよく捉えられましたね。
しかも、テーマに匹敵する色合いで。
飛翔の場合は、角度によりブルーが難しいと思いますが・・凄いですね!

No title

ヤマトシジミには、これだけの美しい個体がいるのですね

枯れシバ内を飛翔するオスの姿は季節感が出てますね

自転車姿のコラボも素敵だわ

単焦14mmですか?

No title

身近な題材を巧みに表現するスタイルは、何時もながらのファボさん
の特権ともいえる術でしょうか・・今回も素晴しいものを見せて頂きました。

No title

何時拝見しても見事な飛翔、素晴らしいです。
この時期のヤマトシジミがこんなに美しかったとは知らなかったです。
背景に自転車が入った一枚は更に絵になってお見事です。

No title

見慣れた蝶でも、ここままで美しく撮られると楽しみが倍増でしょう。
低温期型は存じ上げてますが、この色を出すテクニックです・・。
自転車は偶然の産物と思いますが、これを絵にしてしまうのですから・・。
恐れ入りました。

No title

1枚目の色は抜群ですね。
黒いヤマトの両翅のしなりも、迫力があります。
何と言いましても、やはり自転車でしょうね!

No title

一枚目、エッ?これヤマトシジミ・・って感じです。
この色彩を捉えるのは難しいと思いますが、やはり曇天が良いのかな。
身近にも素晴しい題材があるのですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アポロさん
ありがとうございます。
至近距離なので追っかけに体力(腰痛)を消耗しますが、入った時の感動は嬉しいですね。
色合いは角度により様々ですが、真横から狙うよりも被せる感覚の方がブルーが綺麗に
出る感じでした。

綴織さん
ありがとうございます。
低温期型は絶品揃いで、更に素晴しいブルーも存在します。
本当はシバではなくカタバミでの戦略を練っていましたが、環境変化に伴いこればかりは
仕方がないですね。自転車は偶然の産物で、たまたま徐行してくれたので入りました。
14mmですとチョウが豆粒程度になってしまうので、今回はズーム20㎜側で撮りました。
右手にカメラ、左手にリモートで。

吉井貴志さん
ありがとうございます。
一つの拘りを持ってしまうと、納得する色彩が撮れるまで・・と、困ったものですよ。

tokoさん
ありがとうございます。
ヤマトシジミには季節変異があり美しいですよ。でも、ここはイネ科植物が多く自生するのでどうしても被ってしまい、大半がボツ画像になります。自転車の方はカメラを振り回す姿に興味を示した様子で、若干徐行してくれましたので、上手い具合に写真に納まった次第です。
日射しがある時は、まだまだ沢山のチョウが観られますので是非撮ってくださいね。


MUSHIさん
ありがとうございます。
こちらの倍増(腰、肩痛)も大変ですよ。飛翔は相手任せのために、想定外の画像が入るとこれぞ本当の楽しさ倍増でしょうか。自転車は徐行状態だったので、狙ったら追尾の後ろに上手く入ってくれました。

Smash-12さん
ありがとうございます。
1枚目は自身でも気に入った色彩で撮れたと思っております。
翅のしなりは、飛翔撮影の醍醐味ですね。
ここは土手に面してるので、自転車やランニング姿も沢山狙いましたが、
構図的にはこの掲載画像が一番良かったです。

PILOTさん
ありがとうございます。
ヤマトシジミは個体数が多いのですが、雌の撮影は意外に難しいです。
色彩もそうですが、雄に絡まれて直ぐに見失う事でしょうか。
曇天が一番で、晴天時は朝方か午後にゆっくり飛んでくれます。
身近なお馴染み種でも、その全ての構図が違うので、何枚撮っても飽きがきませんね。

鍵コメさん
ありがとうございます。

No title

カタバミに絡む姿はHPで拝見致しましたが、私的にはこの背景の方が好みかな。
勝手な事を言ってますが・・どちらにしても、私には撮れませんので(;>_<;) 。
背景に動きのある物体(自転車)はインパクトが強いですね。

No title

ヤマトシジミってこんなに美しいのですね。
今日、犬の散歩に出ましたらヤマトシジミが沢山飛んでました。
よく、見てみればメスがいたのかな。

桑原・hさん
ありがとうございます。
昨年のカタバミは構図も背景もイマイチでした。
過去は振り返らない主義ですので、新たな1ページが大事ですね。
確かに動きものは面白いですね。春先は電車を狙いましたが、風圧でチョウが吹き飛ばされ
最悪でした。

早乙女さん
ありがとうございます。
身近なチョウでも季節変異がありますから、是非、観察してください。
雌は、雄がいない場所でひっそりと吸蜜していますから、色彩で直ぐに分かりますよ。

早速ブログリンクさせてもらいました。

私も飛翔に挑戦できるかな?
本日ブログ更新しました。

hanaoyajiさん
ありがとうございます。
楽しい時間を過ごす事ができました。
違った視線でみると飛翔姿も面白いですから是非撮ってください。
今後ともよろしくお願いいたします。
こちらも、リンクさせて頂きました。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR