ムラサキツバメの舞 雌

Category : シジミチョウ科
雌は明るい紫鱗が強調されるので、背景の暗さに対して美しい姿を捉えることができる。角度により、紫、赤紫、藤と様々でどれも画になりそう。飛翔撮影に関して言えば、個人的に雌の方が好みだ。


朝日の当たる斜面を行ったり来たり。この時間帯は飛びかたも緩やか。
IMG_9664.jpg

丈の低い植え込みで、日光浴場所を探す。
IMG_5329.jpg

IMG_5139.jpg

IMG_0331.jpg

IMG_0959.jpg

この隙間が気に入ったらしく、幾度となく様子をうかがっていた。
IMG_5222.jpg

13時過ぎになるとアオキの一部だけに日が当たり、戻り遅れた個体が懸命に塒探しを始めた。
IMG_4360.jpg

↑の個体が日当たりの良い斜面に一時の暖を求めて移動。大木根元が休息前の日光浴場所になっていた。
IMG_4667.jpg


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

飛翔綺麗ですね。
塒に戻るのを撮りに又出掛けて見ます。

No title

角度による紫色は微妙な変化に富みますね。
最後の画像で、後ろからチラッと紫が覗く姿は素敵ですね。

市川散歩さん
ありがとうございます。
今年は豊作ですから、暖かい日には年末、年始以降も楽しめそうですね。
定番カクレミノでの塒は園内整備に伴い枝が切られてしまい残念ですが、アオキ
塒はまだ健在です。他にも大集団が見付かる可能性大ですね。

MUSHIさん
ありがとうございます。
紫に近い藤色なんて最高ですよ!
実際の原色とは異なりますが、角度による様々な色彩は面白いですよ。
これが、黒になったら困りものですが(笑)。
"チラッとが飛翔撮影の醍醐味でしょうかね。

No title

ピントも、ムラサキ色も、背景の緑色も素晴らしいです。
この場所でトライした私の飛翔写真は、どうやら狙う方向が悪かったようです。
きちんと順光側から撮ることが重要でした。
暖かい日があれば、もう1回くらい行ってみたいです。
カクレミノの枝が切られてしまったのは残念ですね。



otto-Nさん
ありがとうございます。
このチョウって暗闇を行き交いするので意外に難しいです。
確かに順行側が一番ですが、急転換が多く背景の色彩はその時の運次第ですね。
飛翔を遣っていると、設定模索でやっと入った喜びは一入ですね。
カクレミノは明るくて良かっただけに残念ですが、この冬はもう少し楽しめそうです。

勉強になります

見慣れた風景に飛翔が素晴らしい!です。
私も飛翔写真を撮りたいのですが、フイルム時代のトラウマか?連写が出来ません。
動く物を撮って練習しなくては!と思っています。
お手本を見に度々訪問させて頂いてます。

hanaoyajiさん
ありがとうございます。
初めて撮れた飛翔写真は、今までとは全く違う世界が覗けますので、是非
お勧めしたいです。相手任せの構図になりますが、同種を何枚撮っても
絶対に飽きの来ない魅力もあります。
秒4コマ以上でしたら必ず撮れるハズです・・今年は両ムラサキが多いですから、
暖かい日には狙ってください。
非公開コメント

プロフィール

Favonius

Author:Favonius


EOS 1DX
EOS 7D


EF17-40mm F4L lS USM
EF14mm F2.8L ll USM
EF24mm F1.4L ll USM
EF70-200mm F2.8L lS ll USM
EF70-300mm F4-5.6L lS USM
EF100mm F2.8 MACRO USM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
無料カウンター
QRコード
QR